「エセ関西弁は絶対に使ってはいけない」関西人の取り扱い説明書

「エセ関西弁は絶対に使ってはいけない」関西人の取り扱い説明書

1. オチのない話はしてはいけない
2. 話は半分に聞いておく
3. 「行けたら行くわ」は来ない
4. 「考えとくわ」は考えない
5. 「アホやな〜」は悪口ではなく挨拶みたいなもの
6. 「知らんけど」は語尾に自動的についてくる。投げやりなわけではない。知らんけど
7. 話し始めの「ちゃうねん」は否定しているわけではない
8. 救急車が来た時の「迎えにきたで」は恒例行事みたいなもの
9. 反応に困った時は「ほんまそれ」を使えば乗り切れる
10. 生返事の「せやな」が返ってきたら話を聞いていないと思ってよい
11. 「自分何なん?」は質問されてるので、答えなければいけない
12. 赤信号は「とまれ」ではなく「急げ」
13. 「嘘やん」は疑っているわけではない
14. 「シュッとしてる」と言われたら、褒め言葉なので喜んでいい
15. 「アレ」が多いので、ニュアンスを汲み取ってあげよう
16. 「押すなよ」は「押せ」という意味
17. エセ関西弁は絶対に使ってはいけない
18. 「なんかおもしろいことして」はただの無茶振りなので言ってはいけない
19. 「おもしろくない」は死刑宣告
20. みんながおもしろいわけではないことを肝に銘じる

aoyamamasaki

トータルマストハブクリエイター

あおやま!

和歌山県白浜町出身。
学生時代の失恋をきっかけにインドを旅し、食中毒になって帰ってきた。
仕事の依頼はこちら aoyama@curazy.com