笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
平仮名ってこんな使い方あったんだ…子どもの自由研究の方向性が斜め上をいくセンス

平仮名ってこんな使い方あったんだ…子どもの自由研究の方向性が斜め上をいくセンス

以前から、たびたびクレイジーで取りあげているもひかんさんご一家。毎月行われる「家族会議」(過去記事はこちら)が話題を呼びました。
過去には、もひかんさんの息子さんかずとよくんが自作の潜水装置を発明したり、割り箸鉄砲にハマる様子もご紹介しました。

kazutoyo
twitter.com@mohikan1974

そんなかずとよくんが、また新たな発見をしたみたいです!

どんなものかというと・・・!

DHpTvMsU0AEInpZ_R
twitter.com@mohikan1974

DHpTvMrUwAAsNmC_R
twitter.com@mohikan1974

いきなりどうした(笑)!?

確かに、ひらがなの「み」を構える姿はマシンガンの様に見えるけど…発想が斜め上すぎる(゚Д゚;)

ことの始まりは、小学校の夏休みの自由研究。
今、話題のオモチャ、ハンドスピナーにハマったかずとよくんが、一番回転するひらがなは何なのか、研究しているときに偶然「み」が武器っぽいことを発見したんだそう。

なぜ、ひらがなの回転性能を研究することにしたのか、そもそもの発端は謎ですがやはりかずとよくん、目の付け所が違いますね。

かずとよくんの好奇心と行動力に感動した人々から多くの反響を呼んでいます!

他にもいろいろな遊びや発明を考えているかずとよくん。今後の成長と新発明に期待の眼差しが集まっているようで、応援したくなります♪

コメント(1)

  1. 名無しさん

    将来有望だ。このまま真っ直ぐ育ってほしい。

コメントする

※記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET