笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
笑いの天才・松本人志も危機感煽る。スピード違反のない現在のバラエティとは

笑いの天才・松本人志も危機感煽る。スピード違反のない現在のバラエティとは

最近よく聞く「テレビ離れ」。考えてみると一昔前の話題の中心は、テレビの話が多かった気がします。様々な規制や苦情、そして時代の流れがバラエティの在り方を変えてしまったのか…最近バラエティ番組が友人(もしくは何かの関係)間で話題にあがることは、めっきり減ってしまいました。
そんな中、ダウンタウンの松本人志さんが、Twitterで投稿したあるツイートが話題になっています。それはまさに今のバラエティ番組の現状を例えたものでした。

ゴリラじゃない方

確かに、面白いものを作りたいという情熱が、空回りしてしまい、批判を呼んでしまうこともありますが、そこに向かっていく挑戦心が今のバラエティ番組には少ないのかもしれません。常に、笑いの最前線に立ち続ける松本さんならではの言葉です。

様々な意見が入り乱れるであろうこの問題。そこで今回は、そんなバラエティ番組の在り方を突く至極のエピソードをまとめました!
バラエティの未来が見えるかも?

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.

たくさんの意見が飛び交っていますね…。
作り手側も、これらの意見と闘いながら、番組を制作している厳しい時代。視聴者側も変わっていく必要があるのかもしれませんね…。
しかし、テレビが生きていく上で、重要なツールであるのは間違いないです!これらの問題が解決して、またバラエティ番組で世の中が盛り上がる、そんな時代がまた来てほしいです。

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET