笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
猫は天国 で「新しい服に着替えて帰ってくる」。家族を失って辛い人へ送る心温まる漫画

猫は天国 で「新しい服に着替えて帰ってくる」。家族を失って辛い人へ送る心温まる漫画

ペットは動物と言えど家族同然。そんな家族とのお別れは、愛情を注げば注ぐほど辛いものです。

その中でも猫とお別れをしたとき「猫は毛皮を変えて帰ってくる」と言われているのを知っていますか?自身も猫と暮らしているMisako Jam Tsutsuiさんはその言葉をテーマに漫画を描き、猫飼いのみなさんから大きな反響を呼んでいます。

天国へ行ってしまった猫は、本当に自分の元へと帰ってきてくれるのか。こちらがその漫画です。
DK2hmr-VYAUwFQl
twitter.com@jam_filter

DK2hmr_U8AAJQKy
twitter.com@jam_filter

帰ってきてくれて、ありがとう。

ペットを失うのは本当に辛いことで、次に新しい子を迎える気にはなかなかなれません。もう一生ペットは飼わない、なんて思う人もいるかもしれません。しかしあるとき突然の出会いによって、新しい子を迎え入れたいと思う日がやってくることがありますよね。そんなときはもしかすると、見た目は違えど前の子が生まれ変わってきてくれているのかもしれません。

この漫画には同じ猫飼いの人たちから、感動したとの意見が多数寄せられています。

犬やインコなど猫以外の動物を飼っている人たちからも、同じように感動したとの意見が寄せられています。
筆者は実家でインコを飼っていたのですが、9年経ったある日天国へ。とても悲しくて「もうペットは飼いたくないな」と思っていた数年後に、突然妹が「ひと目でこの子って気がしたの!」と新しいインコを家に連れて帰ってきました。その時は突然だな〜と思うだけでしたが、この漫画を読んだ後は「前の子が生まれ変わってきてくれたのかも」という気がしてきて、目頭が熱くなってしまいました。

大事な家族を失って辛い人のところにも、いつかその日はやってくるかもしれません。そう思うだけで、少し心が癒される気がします。

 

コメント5

  1. ニャニャ

    ニャニャが亡くなって、会いたくて。でも、居なくなるのが怖くて新しい出会いを望めない。やっぱりニャニャが好き…

  2. 繭妃

    日和や華凜達とまた逢えるかな…またウチの子になってくれるかな。。

  3. 名無しさん

    19と21の猫を亡くしたばかり
    また2匹一緒に会える日が来るかな

  4. 名無しさん

    急にスマホの画面が見にくくなったんだが何かあったかな…?

  5. 猫ダイスキ3匹のママ

    このお話、あながち間違ってないのかな?
    母がこどもの頃、肩乗り大好きなシャム猫の女の子が居ました。
    その子は子どもを産んだあと、野犬に噛み殺されてしまいました。そして、30年~くらい経ちましたが、今度は私が肩乗りが大好きな猫を、子猫の頃に保護しました。
    私はそのシャムちゃんを、話でしか聞いたことはありませんが、母曰く、『あんたにしかなついてへんけど、何か、チャリー(話のシャム)みたいや 』って。
    その、私の肩乗り猫は、雑種、茶トラ、女の子です。
    この話を初めて知りましたが、もしかしたらホンマに毛皮を着替えて帰ってきたのかもしれません( ;∀;)

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET