笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
1500億個の乳酸菌をいざ... 何でもかんでもジョッキで乾杯する夢を叶えてみた

1500億個の乳酸菌をいざ... 何でもかんでもジョッキで乾杯する夢を叶えてみた

拝啓

時下ますますTUBEの曲が聴きたくなる季節となってまいりました。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

こんにちは。ちゃぺるです。

関東地方ではついに梅雨も明け、もう夏ですね。なんだかわくわくしますね。

 

「あーーー!!夏休み!!!!!」

(つい自分の中のTUBEが抑えきれなくなってしまいました)

 

はい。

あふれんばかりのTUBEを抑えながら、今回も記事をお届けしていきましょう。

(情緒が不安定すぎるというツッコミはなしの方向でお願いします)

さて、夏がきたということで、

テーマはこちら!

ジョッキ

キンキンに冷えたビール!!!

ではなく、ビールが注がれているジョッキにスポットを当てていきたいと思います!

 

ジョッキって夢だと思います。不思議と飲み物がおいしそうに見えるんですよね。

子供のころ、大人たちがうまそうに飲んでいるビール、めちゃくちゃあこがれでした。あれから年月が経ち、自分もビールが飲める年齢になりました。しかし、いかんせんビールが得意ではなく…あまりジョッキと接する機会がないんです。

ごくたまに、ソフトドリンクがジョッキに注がれて出てきたとき、めちゃくちゃテンション上がりませんか?? 思わぬところであこがれのジョッキと出会えると、僕はテンションめっちゃ上がります。

 

でもこのジョッキ、注がれる飲み物が限られているように感じませんか。

ビール、コーラ、ウーロン茶…。

このほかにも注いでいい飲み物ってあると思うんですよね。ジョッキに注ぐともっとおいしく感じられるような。

 

今回の記事では、夢のジョッキに、ずっと注いでみたかった夢の飲み物を注いで、僕の個人的な夢を叶えていこうと思います!

ひとつの文に「夢」という文字を詰め込みすぎて局地的にサンリオピューロランドみたいになってしまいましたが、要するに、ジョッキの可能性を開拓します!

 

ジョッキを召喚した!

さっそく自宅にジョッキを召喚しました。

ジョッキ

どーん。

近くのロフトで1000円ほどで売られていました!意外とお手頃価格!

それにしても、居酒屋でしか見ないジョッキが自宅にあると、日常と非日常のミスマッチ感がすごいです。学校の廊下で突然エレクトリカルパレードが始まったようなミスマッチ感!

…いや、エレクトリカルパレードはちょっと盛りすぎかもしれませんが!どんどん夢の飲み物を注いでいきましょう!

 

1ジョッキ=7.5ヤクルトだった!

夢の飲み物のトップバッターとしてお集まりいただいたのはこの方々!

整列!よろしくおねがいします!
整列!よろしくおねがいします!

ちっちゃい飲み物の代表選手、ヤクルトです!

ちなみにジョッキは冷凍庫でキンキンに冷やして万全の状態です
ちなみにジョッキは冷凍庫でキンキンに冷やして万全の状態です

いやぁ~注いでみたかったんですよ、ヤクルト。冷やしたうえで、ごくごく飲めたらさぞうまいんじゃないでしょうか。

ヤクルトハイという存在はあれど、ヤクルト原液をジョッキにぶち込む日がこようとは…。

ではいきます!

夢の扉、オープン
夢の扉、オープン

どんどん注いでいきましょう!

とくとく…

とくとく…(1本目)

とくとく…

とくとく…(2本目)

とくとくとくとく…

とくとくとくとく…(3本目)

とくとくとくとくとくとく…

とくとくとくとくとくとく…(4本目)

とくとくとくとくとくとくとくとく…

とくとくとくとくとくとくとくとく…(5本目)

とくとくとくとくとくとくとくとくとくとく…

とくとくとくとくとくとくとくとくとくとく…(6本目)

とくとくとくとくとくとくとくとくとくとくとくとく…

とくとくとくとくとくとくとくとくとくとくとくとく…

なみなみ!杯が満たされましたよ!!
なみなみ!

完成!!

ジョッキ1杯を満たすヤクルトは7.5本でした!

まぎれもないムダ知識!!

ちなみに、このヤクルト1本あたり200億個の乳酸菌が含まれているとのことなので、総計1500億個の乳酸菌がこの1杯に!

(1500億のスケール感が正直ぜんぜんわかりませんが、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の全世界での興行収入が約2200億円なのでたぶん途方もない数です)

 

さあ!杯が満たされたので乾杯といきましょう!

ヤクルト乾杯

乾杯!!!

よし、飲んでみましょう…。

お、いつもちびちび飲むヤクルトとは違った趣!

意外にすっと入ってきて、ごくごく飲めていい感じ。と思ったのも束の間。

ヤクルト実飲

半分飲んだくらいから怪しくなってきました…。

ヤクルト実飲2

完璧に目が死んでいます。10分ほどかけて、やっと飲み干しました。

ごちそうさまでした。
ごちそうさまでした。

いや、ぜんぜんおいしいんです。ぜんぜんおいしいんですよ!!味的にはめちゃくちゃごくごくいけます!

ただ、1500億個の乳酸菌シロタ株。めっちゃ多い。胃の中で暴れている感じがします。シロタ株的には、僕には200億個で十分でした。

乳酸菌シロタ株の受け入れ態勢が整っている方にはオススメです。

ヤクルト
・ジョッキには7.5本分入った
・ふつうにおいしいし、ごくごくいける
・乳酸菌がすごくて割と勇気がいる 

この夏ジョッキで飲みたい度
★★★★★

 

ジョアは重かった

次にお集まりいただいた夢の飲み物はこちら!

集合!
集合!(ヤクルトの回し者ではありません)

付属の細いストローでは少しずつしか飲めないので普段はめちゃくちゃもどかしいでおなじみ、ジョアです。

発酵系の飲み物を続けてしまって若干恐怖におののいているんですが…ジョッキに注いでみたら可能性がひらけないでしょうか!

というわけで注いでみました。

ジョアジョッキ
どーん

ジョアは4本でジョッキがいっぱいになりました。ヤクルトに比べると意外とたくさん入っているんですね。

注ぐときなのですが、

ジョアふた

こんな感じでふたをこじ開け、ストローも使わずにジョッキにぶち込んでいきました。

そんなことされるなんてジョア自身も予想だにしていなかったと思います。

さて、杯が満たされたので…。

ジョア乾杯

乾杯!!!!

ジョア乾杯2

思わず見つめてしまいました。画像ではまったく伝わらないんですが、このジョアめっちゃ重いんですよ。

ごくり。
ごくり。
「あっ、全然違う!」
「あっ、全然違う!」

いつもストローで飲むジョアとはぜんぜん感覚が違いました!ひとくちで入ってくる量がめちゃくちゃ多い!

いちごとヨーグルトのさわやかな味は同じなんですが、不思議な感じです。ただ、なにぶん量が多いので全然減っていきません。

 

時間をかけながら飲んでいると、ふと、おばあちゃんのことを思い出しました。

おばあちゃんは入院中、小さな僕がお見舞いに来るたび、いつも「ジョア飲むかい?」と、冷蔵庫の中のジョアをくれました。ホントに毎回です。

僕にとっては「おばあちゃんの味」のジョア。今日に限ってはあの頃のおばあちゃんが巨大化して現れたような感じです。ああ、なつかしい。

おばあちゃん、ありがとう。
おばあちゃん、ありがとう。

そんなこんなで、あれこれ考えているうちに飲み干しました。こちらは20分ほどで。

 

結局飲むのに時間がかかってしまったので、ストローで飲んでもジョッキで飲んでも同じであるような感じがして、なんだか無意味な気がしました。

もしかして僕はジョッキでジョアを飲むような人生を送ってきたのかもしれないと、すこし悲しくなりました。

ジョア
・ジョッキには4本分入った
・いつものジョアとは感覚が全然違う のどごし良し
・あの頃のおばあちゃんが巨大化した感じ 

この夏ジョッキで飲みたい度
★★★★★

 

10秒メシは30分かかる

最後にお集まりいただいた飲み物は、これまた少しずつしか飲めないでおなじみのウイダーインゼリーです!

飲み口の細さに業を煮やした経験、忙しい現代人なら一度や二度あることでしょう。ジョッキで一気においしく飲めたら、速さ的にもおいしさ的にも一石二鳥でしょう!

威圧感がすごい
威圧感がすごい

ウイダーインゼリーが飲み物なのか食べ物なのかの議論はさて置いて、ジョッキがキンキンに冷えてしまっているのでひとまず注いでしまいましょう!

おまえ、こんな色してたの…
おまえ、こんな色してたの…?

まず、注ぐのがめちゃくちゃたのしい!!何も考えずにパックを握りつぶすのがたのしい!!

「うひょ〜〜〜!!!」って感じです。

若干の背徳感はあるんですが、ウイダーインゼリーを勢いよく握りつぶすことはなかなかないので快感でした。

快感のあまり思考を停止してひたすらにぎにぎしていると、我にかえったときにはすでに3パックのウイダーインゼリーがジョッキに注がれていました!

ウイダーインゼリーinジョッキ
ウイダーインゼリーinジョッキ

うわあ威圧感しかない…。

では最後に、杯が満たされたので!

ウイダー乾杯
乾杯!
ずぞぞ…
ずぞぞ…
口への流れがすごい!
口への流れがすごい!

ひと口飲んでみると、すごい量のゼリーが押し寄せてきました。ウイダーで溺れるかと思いました。味はいつものウイダーです。

この勢いで一気に飲み干してしまえそうな気がしていたのですが、3分の1ほど飲んだところで脳内にいる湯川教授(ガリレオのやつです)が勢いよく黒板に数式を書きはじめました。

脳内
♪バババ バババ バババ…
3=3
実に興味深い

いま気づいてしまいました。

「3=3」。そう。

ウイダー3つをジョッキに注いだとしても、量はそのまま3つ分であることに。

そりゃそうだ。めっちゃ多いわけだ。

ウイダー実飲3
これ多いな…

ウイダーは食事の代わりになるだけあって、ボリュームがありますね。これを3つぶん一気飲みしようなんて、どこかの奇祭でもやらないレベルでしょう。

いつもはうれしい腹持ちの良さが仇となってぜんぜん胃に入っていきません。つらい。

 

~30分後~

 

すごく反省しています
すごく反省しています

思いがけずフードファイトとなってしまいましたが、無事飲み干しました。いや、無事ってなんだ、って感じですよね。

途中まではジョッキの可能性が見えた気がしたんですが…もっと早く湯川教授に来てほしかった。

僕の脳内の湯川教授がものすごくおバカなのは否定しません。

ウイダーインゼリー
・ジョッキには3つ分入った
・一気に飲めるが、量が奇祭レベル
・3つぶんも飲む必要なかった
・注ぐのはめちゃくちゃたのしい 

この夏ジョッキで飲みたい度
★★★★

 

ジョッキにはビールだ

色んなものをジョッキに入れて乾杯してみましたが、結果、「ジョッキ×ビール」の偉大さが際立ちました!冷たさとのどごし。やっぱりあれが最高なんですね。

まずかった、とかそういうわけでは全然ないんですが、今回登場した夢の飲み物たちについて一つだけ言えることがあるとしたら、「いっぱい飲めばいいってわけではない」ということです。特にウイダー。

僕はいたって満足しています!夢が叶ったので!!

 

みなさんはジョッキに注いでみたい憧れの飲み物はありますか?

注いだそのとき、ジョッキがみなさんを非日常へといざなってくれることでしょう…。

 

お詫びと訂正:本記事にて紹介したヤクルトに含まれる乳酸菌シロタ株は、一本あたり200億個・ジョッキ一杯あたり1500億個でした。該当部分は修正をしております。お詫びして訂正いたします。(2018/07/06)

コメント5

  1. 恋する80代

    お腹くだしませんでしたか?
    もし次があるのなら、飲むプリンでやってみてください!

  2. 無冠のフリーター

    NEWヤクルトに入っている乳酸菌シロタ株は200億個です。

    400億個入っているのは《ヤクルト400》《ヤクルト400LT》です。

    1. ちゃぺる
      ちゃぺる

      ご指摘ありがとうございます。
      確認不足で、大変失礼いたしました。
      該当部分は修正しております。

  3. みき

    飲んだ後のお腹の調子を知りたいです笑

  4. ゆゆ

    お疲れさまです。次は是非牛乳で!

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET