笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
東京駅の地下に名店が集結!東京ラーメンストリート徹底ガイド

東京駅の地下に名店が集結!東京ラーメンストリート徹底ガイド

東京の玄関口、東京駅。八重洲口と直結した地下1階の東京駅一番街に、2009年6月「東京ラーメンストリート」を開業しました。

東京で真っ先に食べたいお店をコンセプトに、開業時は東京の名店を集めた4店舗から始まり、2011年のグランドオープン時には8店舗で営業していました。それからはお店の入れ替わりなどもあり、2018年9月2日に「仙台牛タンねぎ塩ラーメン 㐂蔵」と「東京タンメン トナリ」が閉店し、現在は6店舗で営業をしています。

今回は、そんな東京ラーメンストリート徹底ガイドということで、それぞれのお店の特徴や提供しているラーメンについて紹介していきましょう!

行列途切れぬ人気店「六厘舎」

Ryunaさん(@ryuna_0130)がシェアした投稿 -


「六厘舎」は品川・大崎で人気のラーメン店で、2009年6月の東京ラーメンストリートが新規開業した時から参加しているお店です。

今では全国的に有名になった濃厚つけ麺発祥のお店ともいわれており、東京ラーメンストリートにある店舗でも毎日のように行列ができています。

店舗は八重洲南口近くのA-2階段を降りたところにあり、店内にはカウンター席と2人掛けのテーブル席が用意されています。

キト アランさん(@soba.blogger)がシェアした投稿 -


混雑する日には朝の開店時間前から行列ができ始め、閉店まで行列が途絶えないことも。最大で2時間待ちになることもあることからお店の人気が伺えますね。

お店入口のフロアには、行列用の青いラインが引いてあります。お店をグルッと囲むように並ぶようになっていて、南通り側まで続き、足下に30分待ち、45分待ちなどの表示がされています。

行列が短い時間帯ですが、お店の方の情報ですと、15時から16時までが狙い目だそうなので、なるべく並びたくない、待ち時間なく食べたいという人はこの時間を狙ってお店を訪れると良いでしょう。

sato_jojoさん(@sato_jojo)がシェアした投稿 -


このお店の人気メニューは味玉つけめん930円(税込)。大量の食材を長時間かけて煮込み、食材の形がなくなるまで潰し、素材の旨みが凝縮された濃厚なつけ汁に半熟の味玉が付いてきます。

麺はツルツルもちもちの極太麺で、つけ汁とよく絡んで相性が抜群です!

らーめんマンさん(@shuigu1581)がシェアした投稿 -


また、朝7:30から9:45まで限定で提供している朝つけめん630円(税込)や普通のつけめん830円(税込)、特製の香辛料が付いてくる辛つけめん930円(税込)、得製つけめん1,060円(税込)などがあります。

Yuto Terajimaさん(@yuto1985t)がシェアした投稿 -

味玉やメンマ、豚ほぐし、辛味、チャーシューなど様々なトッピングを100円〜300円(税込)で付けることができるので、お好みで追加するといいでしょう。また、残ったスープにゆずを加えたスープ割もおすすめです。

「六厘舎」では"お土産つけ麺"というお土産を買うことができます!お店の味を手軽にお家で味わうことができると、こちらも人気。お値段は1食入り850円(税込)、3食入り2,550円(税込)。店舗入り口とは反対の方に専用の窓口があるので、店舗に並んでる時間がない方、今食べたばかりだけど自宅でもう一度食べたい方などはおひとついかがでしょうか?

【ネットの口コミ】

【店舗名】六厘舎
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階 東京ラーメンストリート
【電話番号】03-3286-0166(予約不可)
【営業時間】7:30~9:45、10:30~23:00
【定休日】なし

ダブルスープと麺の相性が抜群「東京駅 斑鳩」

施婷婷さん(@tine10097)がシェアした投稿 -


2000年に九段で開業し、一躍人気店となったラーメン店「九段 斑鳩」。現在は市ヶ谷に本店を移転しましたが、たくさんのお客さんが連日訪れています。

2011年のグランドオープンから「東京駅 斑鳩」として参加しており、本店と同じように行列ができるほどの人気店となっています。また、こちらの店舗では本店では食べられない限定メニューも提供しています。

店舗は南通り側に面しており、「ちよがみ」の隣にあります。店内にはカウンター席とテーブル席があり、週末は混雑しますが、平日はランチ時などを避ければ待たずに入れることもあります。


ここの人気メニューは東京駅・らー麺1,000円(税込)。この店舗でのみ提供されている限定メニューで、豚骨と魚介の旨みを合わせた白濁のダブルスープに、のど越しのよい中太ストレート麺が相性抜群です。

麺の上には分厚いチャーシュー、シャキシャキの極太穂先メンマ、味玉などがトッピングされています。

ちば九郎さん(@shibata3131)がシェアした投稿 -


その他にも東京駅・辛旨らー麺1,030円(税込)や東京駅・塩らー麺1,020円(税込)、東京駅・つけそば1,110円(税込)、東京駅・三種のチーズまぜそば1,110円(税込)、期間限定の東京駅煮干し・まぜそば1,020円(税込)、冷やしサラダ麺880円(税込)などがあり、どれも人気の高いメニューとなっています。

【ネットの口コミ】

【店舗名】東京駅 斑鳩
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階 東京ラーメンストリート
【電話番号】03-3286-3586(予約不可)
【営業時間】9:30~23:00(L.O. 22:30)
【定休日】なし

透き通ったスープが特徴的な「塩らーめん専門 ひるがお」

Naoto Katadaさん(@naotokatada)がシェアした投稿 -


2009年のグランドオープン時から参加しているお店の一つ「塩らーめん専門 ひるがお」は、店名を見ればわかるように塩ラーメンを専門に提供しているお店です。

様々なジャンルのラーメン店を展開する「せたが屋」系列のお店で、塩ラーメンはもちろん、サイドメニューも充実しています。

Yong Wuさん(@selamatsusanto)がシェアした投稿 -


お店は「六厘舎」の隣にあり、カウンター8席とテーブル14席が用意された店内には女性も多く訪れています。

YU-KIさん(@yukii707)がシェアした投稿 -


このお店の人気メニューはなんといっても塩らーめんひるがお盛り1,080円(税込)。鶏がらや煮干し、貝柱などの魚介系を合わせた透き通ったのスープが特徴で、細めでやや固めのストレート麺がスープと合います。

ひるがお盛りはチャーシューや海老ワンタンなどの具材が全部乗ったボリューム満点のメニューとなっているので、お腹いっぱいラーメンを食べたいという人にもピッタリと言えるでしょう。


ひるがおつけ麺ひるがお盛り1,130円(税込)も人気で、岩海苔や貝柱、海老、魚のあらなど魚介の具材がたっぷりと入った透明のつけ汁に、平打ち太麺がよく絡む相性抜群の一品です。

【ネットの口コミ】

【店舗名】塩らーめん専門 ひるがお
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階 東京ラーメンストリート内
【電話番号】03-3213-7000(予約不可)
【営業時間】10:30~23:30(L.O. 23:00)
【定休日】なし

さっぱりとした「とんこつらーめん 俺式 純」

uriotsさん(@setarxo)がシェアした投稿 -


「とんこつらーめん 俺式 純」はひるがおと同じせたが屋グループのお店です。ひるがおはさっぱりとした塩ラーメンを提供していましたが、このお店では豚骨ラーメンを提供しています。

Kaji Satoshiさん(@kaji.3104)がシェアした投稿 -


ここは2013年9月から東京ラーメンストリートに参加しているお店で、俺式 純と書かれた真っ赤なのれんが目印です。場所は「ひるがお」の隣に位置しているので、塩と豚骨どちらにするかギリギリまで悩んでしまうことでしょう。


店内には縦2列の向かい合わせになったカウンターが14席と、壁沿いに奥に向かって2人掛けテーブルが8席あります。そんなお店でぜひいただいてほしいのが、人気の豚骨らーめん味玉入り880円(税込)です!

YU飯さん(@meshimeshi.17)がシェアした投稿 -


白濁した豚骨スープは見た目よりもサッパリしていてクセがなく、極細ストレート麺ともよく絡みます。さらにその上にはみそ玉子や肉厚のチャーシュー、青ねぎ、キクラゲ、海苔がトッピングされています。

小米占さん(@vinnaation)がシェアした投稿 -


このお店ではその他にも豚骨らーめんデラックス1,030円(税込)やチャーシューがたっぷりと入った豚骨チャーシュー麺980円(税込)、つけ麺880円(税込)、チャーシューつけ麺1,080円(税込)、肉盛り担々麺デラックス1,080円(税込)、やりすぎ煮干しらーめん850円(税込)など、様々なメニューがあるので、来る度に違ったラーメンを楽しめるでしょう。

【ネットの口コミ】

【店舗名】とんこつらーめん 俺式 純
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階 東京ラーメンストリート
【電話番号】03-3212-2558(予約不可)
【営業時間】10:30~23:30(L.O. 23:00)
【定休日】なし

ヘルシー志向の女性にもピッタリ「ソラノイロ・NIPPON」

Sherry Linさん(@yhsherrylin)がシェアした投稿 -


「ソラノイロ・NIPPON」は2015年の6月に参加したラーメン店で、他のお店よりも比較的新しいお店です。

しかし、お店の歴史が浅いからといって侮ることなかれ!このお店は「ミシュランガイド2015東京・ビブグルマン」にラーメン店として初めて掲載され、その他にも様々なメディアで紹介されている人気店なんです!


店舗は「とんこつラーメン俺式 純」の向かい側にあり、鮮やかなブルーの外観が目印です。店内はカフェのような造りになっており、カウンター席とテーブル席があります。

雑貨やインテリアなどにもこだわっているので、女性からの人気も高いおしゃれなラーメン店です。

ぶんたさん(@bunkich2323)がシェアした投稿 -


「ソラノイロ・NIPPON」で提供されているメニューの中でも人気なのは特製ベジソバ1,100円(税込)。スープから全て植物性のもので作られており、麺はパプリカが練り込んである赤い中太麺、揚げレンコン、トマト、ブロッコリー、胡椒のふりかけられたキャベツ、ニンジンなどがのった女性に人気のヘルシー志向のラーメンです。

ゆうぺいさん(@peeiyou)がシェアした投稿 -


もうひとつの看板メニューは特製江戸式中華そば1,100円(税込)。煮干系の香り漂う醤油スープに、歯ごたえの良い細麺が投入され、上にはチャーシュー、海苔、ナルトがのった昔懐かしい味のラーメンです。

Chiharuさん(@atashi3gasuki)がシェアした投稿 -


ヘルシー志向の玄米麺ベジソバ1,050円(税込)や沖縄式角煮塩ラーメン950円(税込)などもおすすめのメニューです。

【ネットの口コミ】

【店舗名】ソラノイロ・NIPPON
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階 東京ラーメンストリート内
【電話番号】03-3211-7555(予約不可)
【営業時間】10:30~23:00
【定休日】なし

懐かしい味わいを堪能できる「東京の中華そば ちよがみ」

Yukie Minetaさん(@yuyuurano)がシェアした投稿 -


「東京の中華そば ちよがみ」は、平成27年6月から参加している、「九段 斑鳩」の新ブランドです。東京の中華そばがテーマで、白い大きなのれんが目印のお店です。

@goosakulaがシェアした投稿 -


「東京駅 斑鳩」の隣に店舗を構えており、白い内装にウッド調のテーブルが並ぶ清潔感のある店内にはカウンター9席、テーブル16席があります。

Tsukasaさん(@tsukasa_mmi)がシェアした投稿 -


このお店で提供しているメニューはここでしか食べられない限定メニューが中心となっていて、東京駅醤油中華そば980円(税込)、東京駅鶏だし醤油中華そば1,000円(税込)、東京駅塩中華そば990円(税込)といった中華そばを堪能することができます。

また、東京駅味噌中華そば1,030円(税込)や東京駅濃い煮干し中華そば1,030円(税込)など期間限定で提供しているメニューもあるので、お店を訪れた時々で違った味わいを楽しむことができるでしょう。

【ネットの口コミ】

【店舗名】東京の中華そば ちよがみ
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階 東京ラーメンストリート内
【電話番号】03-3211-8833(予約不可)
【営業時間】9:30~23:00(L.O. 22:30)
【定休日】なし

最後に

東京ラーメンストリートに参加しているラーメン店全6店舗をご紹介いたしました。

駅ナカで食べられるラーメンというと、提供までの時間が早く、値段もお手頃で仕事の休憩時間や移動時間の合間などでパパッと食べられるイメージがあると思いますが、東京ラーメンストリートのお店は少し違います。

ここにあるお店は安くて美味しいお店ばかりですが、仕事の休憩や合間の利用だけでなく、ラーメン通の方たちが足しげく通う場所となっており、東京のラーメンの名店が集まるところです。

行列に並んでも食べたいラーメン、ここでしか食べられないラーメンが「東京ラーメンストリート」にはあるので、ぜひ東京駅にお立ち寄りの際は訪れてみてください!

【関連記事】

観光最後の思い出に!東京駅で買える定番・人気のお土産10選
迷ったらここ!東京駅付近の外せない絶品グルメ10選【和洋中揃い踏み!】
東京駅構内で食べられる絶品グルメ10選

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET