笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

日本人は気づかない「外国人が驚いた日本文化」 11選

※この記事は、2019年6月22日に掲載された記事を「人気記事」として更新したものです。

外国人が驚いた日本の文化をまとめました。日本人には馴染み深いものも外国人にとってはカルチャーショックの連続なんですね...!

1.

そうなんです。内緒にしていましたが、日本にはゆでるだけで忍者の影分身のように増える食材が存在するんです。流しそうめんは、今度は一瞬にして消えてしまう隠れみの術のようなマジックも見られるかもしれません。楽しく、おいしくおなかを満たしていきましょう!

2.

しょっぱい味や甘い味の海藻、パリパリした触感からもっちりした触感の海藻。海藻は、無限の可能性を秘めた遊園地のような食材です。おにぎりに使われる海藻以外にも、まだまだいろんな海藻があるので、食べ尽くすまでの道のりは長そうですね。

3.

あの絶品な黒いソースの正体がバレてしまった...。声に出すのもはばかられる、古くから日本で使用されている、美味しい秘密のソースでございます。厨房の方もいろんな意味で企業秘密にしたく、わざわざ紙に書いて教えてくれたのでしょう。

4.

あえて正式名称を短く省略することによって、俳句や短歌へ乗せやすいように工夫する風流な日本人故の流儀なのです。決して、横文字が言いにくいから略しているわけではありませんよ。そう、決してね。

5.

忍法・割りばし刺しの術です。こちらの術には、生粋のジャパニーズニンジャもたびたび苦しめられているところを目撃します。小さくても痛みは強いので、割りばしを開封する際には安全面にも十分に注意する必要があるのであります。

6.

うーん... 確かにゾンビが襲ってきたときに銃を持てないようでは、反撃に困ってしまいますね。でも、その代わりに日本人は古来から手裏剣とまきびしの扱いに慣れているので、陰ながらササっと撃退できるのです。本当です。

7.

それはもちろん、日本人の身体はお米とアニメから構成されていますので。お米とアニメがないと、個人的には明日からどうしていいかアイドンノーです。逆に、お米とアニメがあればそれでいいのか... と言われたらそうでもないのがまたややこしい。

8.

日常で急に鳴り響く緊急速報の音は、大きな緊張感を一瞬にしてあたえるわけですが、そういった意味では、GODZILLAと台風も実は似たような存在なのかもしれません。でもGODZILLAの場合はテーマソングにしてほしいかな。

9.

日本語には日本語の、外国語には外国語の情緒があるんですね。言葉を使って感動した気持ちを共有できるなんて、よくよく考えたらとっても素晴らしい。でも個人的にはエモいの意味わかってないです。

10.

んん...!?色気より食い気ということか?でも確かに、デパ地下の食品は見た目も華やかだし、和・洋・中すべての食品がそろっているし、絶対に何を食べてもおいしいし...。デパ地下こそが宇宙の楽園だったんですね。

11.

この世の真理に気が付かれてしまいましたね。上級者は、お米をおかずにお米を食べられるまでになります。何はともあれ、そう思ってもらえるほど日本のお米をおいしく食べてもらえることができて、嬉しい限りですね。

コメント7

  1. アメンボー

    笑いの水中に潜りたい!

  2. 趣味手裏剣集め

    おかずは米の脇役

  3. 神楽坂36

    9番さん

    「いと、あはれ」

    平安時代には、その形容しがたい情感のニュアンスを汲んだ言葉があったのに

    (あはれ→可哀想、という意味ではありません、念のため)

    その後の時代変遷で廃れ、現代のネットスラングとして、違う言い回しで復活。

    どれだけ時代が変わっても、人の心に宿るものは昔も今も変わらないし、時に人種や性別すら超越する。

    個人的には、その事こそが最高にエモいです(笑)。

    1. はむ

      激しく共感いたしてます!

  4. 草野球の大エース

    豆腐も湯葉も油揚げもおからも味噌も大豆だって言われてびっくりした外国人さんのお話を思い出したぞ。

  5. 人間になった猫

    7番のスペインに対しての例えは「毎日お寿司食べて、相撲見る」の方が感覚的に近いのかな?

  6. 草野球の大エース

    ごめん、私日本人だけど毎日米食わないし、
    アニメ観ないや…

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET