笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

同じ日本でもこの違い!田舎民あるある 8選

都会民にはわからない独特な「田舎あるある」をご紹介します!あなたはいくつ共感する?

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.



 

コメント2

  1. 神楽坂36

    1番さん
    私、生まれも育ちも東京ですが、小学生時分、毎夏、福島(浜通り)の親戚宅へ遊びに行ってまして。
    1回、海で溺れかけた事があり、浜育ちの叔母に「お盆来たら、もう海には入るなって言ったでしょ!」と叱られました。
    その時期にはもう、波が沖へ帰る力が強まるので、まだ暑くても海に入ったらダメなんだとの事。
    お腹位の深さにいたのに、引く波に体を持って行かれ、あっという間に足がつかない深さになり、みるみる陸から離れて行くあの恐ろしさ。
    今でも忘れられません。
    子供ながらも、恐怖と共に学んだガチ教訓です。
    もっと広まって欲しいものです。

    4番さん
    元々は東京23区の出身ですが、現在は東京都下(23区外)に暮らしています。
    東京のO市(2年暮らした)では、電車は1時間に1~2本(単線)、そのくせ「鹿が線路に侵入した」「猪と衝撃した」などの理由で、ちょくちょく止まってました。
    東京=都会という他府県の方々の思い込みで、胸を痛くする東京都民が数多くいる事実を、もっと世に広めたいものです。
    (23区の面積は、東京都の半分以下なんだよう!)

  2. 神楽坂36

    4番さんへ追記

    そのO市の某駅、もちろん、無人駅でした。

    夏は待合室に、バカでかいクワガタやカブトやカミキリムシがいました。

    でも、東京都です(涙)。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET