笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

少女は、ある方法で父親からの虐待を逃れた

今回ご紹介するのは、矢村いちさんの『他人の一人の少女が死んだ話』です!

心寄せていたとある少女の死を悼み、彼女のお墓の前に佇む少年。彼の抱える切ない想いの行方は…。

他人の一人の少女が死んだ話01
twitter.com@yamuraichi
他人の一人の少女が死んだ話02
twitter.com@yamuraichi
他人の一人の少女が死んだ話03
twitter.com@yamuraichi
他人の一人の少女が死んだ話04
twitter.com@yamuraichi

悲しい現実から逃げるための偽装だったのか…

少年目線で見ると何とも切ないエンディングです。死んだと思っていた少女が生きていたことに気付けたけれど、助けたのは自分じゃなかったという現実。悔しさと安堵の気持ちに苛まれそうな気もします。

しかし実際のところ現実の少女は少年の想像以上に心が強く、頼もしい仲間に恵まれていました。少女が生きていたことに気付かなかったフリをして、お互いの人生を生きる…それが彼らにとってベストな選択なのかもしれませんね。

その後の物語が気になるエンディングに、多くのファンから続編を望む声が寄せられました。

そして続編を望むたくさんの声に応え、少女目線で描かれた作品の投稿が!

一人の少女が死んだ話05
twitter.com@yamuraichi
一人の少女が死んだ話06
twitter.com@yamuraichi
一人の少女が死んだ話07
twitter.com@yamuraichi
一人の少女が死んだ話08
twitter.com@yamuraichi

一人の少女が死んだ話09
twitter.com@yamuraichi
一人の少女が死んだ話10
twitter.com@yamuraichi
一人の少女が死んだ話11
twitter.com@yamuraichi
一人の少女が死んだ話12
twitter.com@yamuraichi

少女目線での自分の人生への決別も切ない…。今後は、新たな人生を仲間と楽しく過ごして欲しいですね。

作者の矢村いちさんのTwitterには、他にもたくさんの作品が投稿されているので、ぜひフォローしてみてくださいね!

Twitter:@yamuraichi

コメント1

  1. プロゲートボーラー

    ドキっとする内容でしたが面白かったです。
    続きが見たいです

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET