笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「欲しいっていうから産んでやったのに…」産後クライシスを経験した夫婦のお話

今回は、漫画家のことりさんの作品『産後クライシス⚡夫を傷つけた後、私が誓ったこと』をご紹介します!

思い通りにならないのが育児ですが、父親の子育ての関わり方次第で母親の負担は大いに軽減されます。育児のせいで夜もまともに眠れない頃の母親のサポートは、本当に大事なのです。
産後クライシス1-1
twitter.com@mamakyoja
産後クライシス1-2
twitter.com@mamakyoja
産後クライシス1-3
twitter.com@mamakyoja
産後クライシス1-4
twitter.com@mamakyoja

産後クライシス2-1
twitter.com@mamakyoja
産後クライシス2-2
twitter.com@mamakyoja
産後クライシス2-3
twitter.com@mamakyoja
産後クライシス2-4
twitter.com@mamakyoja


そっちが欲しいっていうから…。

コメント8

  1. アゲアゲの50代

    世の中にこんなできた男はいません、
    あなたの旦那はあなたが選んだのです。
    あなたが、「かっこいい」「いい男」と思ったのです、

  2. 駆け出しの中学生

    産婦人科勤務してますけど、なんで言わないとわからないんですかね。自分の子供なのになんで面倒みないんですかね。理解できないんですけど。

  3. トミ子(コメンテイター)

    只のクズですね。
    何が産んでやったですか。
    自分の事しか考えてない。本質はそこにある、美化しないで下さい。

  4. ナナギー

    察してほしいは10代で卒業しとけとしか………

  5. とまと

    話し合いをしても分かってくれない夫もいます。丸く収まらない夫婦もいます。
    こんな風にいけばいいなと希望を持って現実逃避するより、私は離婚して心から良かったと思っています。

  6. 2歳児

    子供が産まれた瞬間に親になる訳じゃない。
    産まれる前から心の準備をして、覚悟を決めて、産まれてからも毎日悩みながら少しずつ親らしく変わっていく。
    配偶者だからって、子供だからって、所詮は他人。他人に対する甘えや期待は捨てた方がいい。
    協力を求めるのも自己解決するのも、行動はいつだって他人じゃなく、自分から起こすしかいない。
    お互い頑張りましょう。

  7. Laura

    30年前に出産しました。義母と同居での産後クライシスは2重苦でした。夫は子育てには無頓着でしたし、義母の存在は夫に現代のような子育てのサポートさえも許しませんでした、そんな時代だった気がします。一生懸命だったのであまり覚えていないのです。子育ても夫婦としても相手に理解してもらう事からですね。30年かけて「察することのできる夫」に仕立て上げました。大丈夫です、気持ちが同じ方向を向いていたら、あとはコツコツと伝え続けるだけで、いい夫はいつかひょっこり現れてくれます。

  8. 母親ってレッテルに苦しみました。母親だから24時間育児して当たり前、母親なのに何ゆっくり風呂入ってんだ?泣いているのが聞こえないのか?、母親の君が熱出したら誰が育児するんだ?などなど。
    そして、妻というレッテルにも苦しみました。
    妻なのに旦那が家でくつろぐ環境も作れないのか?妻だから家のことやって当たり前、妻だから(母親でもあるから)仕事セーブして家事育児旦那の世話全部やれ、そして金も稼いでこい。俺は金はない。
    キャパオーバーで爆発したら赤子もろとも家から追い出されました。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET