笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【後編】死んだ息子の日記が怖かった話

今回は、ヲヲクラゲさんの漫画「死んだ息子の日記が怖かった話」の後編をご紹介していきます。

ヲヲクラゲ

「幸せになっていたのは、自分だけだった…」ついに本当の意味でケイと向き合った父。最後にケイはお父さんとわかり合うことができたのでしょうか…?

それではどうぞ↓

※前編を読んでいない方はこちらからどうぞ!

wowokurage - 640w (74)

wowokurage - 640w (75)

wowokurage - 640w (76)

wowokurage - 640w (77)

wowokurage - 640w (78)

wowokurage - 640w (79)

wowokurage - 640w (80)

wowokurage - 640w (81)

wowokurage - 640w (82)

wowokurage - 640w (83)

wowokurage - 640w (84)

wowokurage - 640w (85)

wowokurage - 640w (86)

wowokurage - 640w (87)

次ページ:自分の病状を知ったケイ

コメント4

  1. 孤高の2歳児

    あいたたたw

  2. ああああ

    これは……感動というより、親側の身勝手な妄想という感想をもった。

    頑張ったのに認めてもらえなかったり、自分の話を聞いてもらえず頭ごなしに怒られたり、殴られる――こういうのは子供の……人間の深いところに根付いてしまう。
    こういったことをする親は「自分は親だから子供にこういうことをしてもいい」と思っているんだろうな。会社の上司や取引先の人には絶対しないことを、自分の子供にならしてもいいと思っている。子供を自分の所有物のように扱ってしまう。

    本人の見えないところでどんな苦労・努力をしていても、本人をないがしろに扱っていたら伝わるわけない。それを手だけですべてを悟るなんて、都合がよすぎる。自分が働くようになってとか親になってとかならまだしも、余命いくばくもないとはいえ高校生が。

    この話の子は高校生で人生が終わったけど、親からそういう扱いを受けてきた子供が、どんな大人になってどんな人生を送るのか――想像できないのだろうか。

    1. コメント師匠

      感想、心から同意します。

      子供は親の所有物ではありません。
      それを理解していない親があまりに多いし、仮に気づいたとしても、子供が受けた傷は消えないし、もう手遅れになってるケースの方が多そう。

      現実は、たかだか手が触れた、撫でられた程度で氷解するわけがない。
      たった一言でこれまでの全てを許せるわけがない。
      まあこれは創作なので、その辺わかった上で「現実もこうならいいのにね」という願望なのかもですが。

  3. 悲しい人

    となかくかなしい

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET