笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
旅好きカップルが真冬の北海道に1週間移住してみた!

旅好きカップルが真冬の北海道に1週間移住してみた!

みなさん、はじめまして。写真家YouTuberの近藤大真と申します!

写真のカップルの彼氏の方です。

この度、「北海道上川町×笑うメディアクレイジー」のコラボ企画で、真冬の上川町にカップルで1週間同棲して感じたことを写真と共に執筆させていただくことになりました。ゆる〜くお付き合いください!

ふたりの自己紹介

記事の前に、簡単な自己紹介を!
彼氏の方:こんちゃん
誕生日:1992/10/30
好きなもの:夏、らーめん、サンダル

彼女の方:あーちゃん
誕生日:1997/3/5
好きなもの:お布団、漫画、マックポテト

付き合って4年。お互いに、写真家兼YouTuberのカップルです。
僕が旅好きということもあって、付き合ってすぐに世界一周↔︎日本の超遠距離恋愛になったこともあったけど、その後はふたりで軽キャンピングカーに暮らしながら9ヶ月かけて東日本を一周する超近距離恋愛。ふたりの日常や旅の様子をYouTubeやセルフポートレートで発信しながら楽しく生きています。(3月中旬にフォトエッセイも発売するよ!)

仰天!真冬の北海道

2月の真冬の北海道で、1週間同棲生活。
最初は「わーい!楽しそうだな〜!!」なんて、ウキウキしていた僕らだったけれど、いざ真冬の上川町に着くと初めての光景の連続で心底たまげました。


ま、真っ白だ…!!


こ、これが氷柱か!!!


公園が雪で埋まってる!!??!?

僕らは、雪なんて滅多に降らない愛知県に住んでいるので初日はずっと
(゚д゚)←こんな顔をしていました。
そう、ここは北海道の中でも一際寒いと言われる上川町。1週間滞在した中での最低気温は−15℃でした。さすが北国。

初日は見慣れない光景の連続で正直びびったけど、

実際に暮らしてみたら意外にも快適だったから驚きました。
僕らは上川町役場の隣にある移住体験住宅で暮らしていたんですけど、
家の中には大型ストーブ2台が設置してあって、常に室温は20℃前後。
役場の人に聞くと、
「道民の真冬スタイルは常に家がぽかぽかで、なんなら半袖でアイスを食べてるよ!」
…もはや夏である。

実際生活してみても、

家やお店は常に暖かいし、車も乗る前に暖房をつけていれば快適な室温で乗れる。
上川町は中心部にお店がまとまっているから、徒歩5分足らずでスーパーや外食もできる!
驚いたことに、1週間暮らしてみて不便なことは特に何もなかったんです…!!

世界に誇る上川グルメが美味すぎる

北海道に移住するということ。
それすなわち、北海道グルメを毎日満喫できるということ!!!!

僕は1週間の滞在中に上川町のラーメンを食べまくりました。

あさひ総本店/特みそ
お食事処さつき/黒塩ラーメン
きよし食堂/めいっぱいチャーシュー

上川町には「上川町ラーメン日本一の会」なるものが存在していて、北海道の母なる川・石狩川の最上流部に位置する上川町で、大雪山から湧き出る水を用いて麺を打ち、スープを作っているんです。
文を読んでるだけでお腹空いてきますよね…!!


そんなラーメンを僕は毎日感動しながら啜っていました。(2kg太りました)

あーちゃんは、行きつけのパン屋さんに通って、パンはもちろん名物のよもぎ餅を食べまくっていました。

ひめや製パン菓子舗
よもぎの里

昔ながらの作り方と材料、そして添加物を入れていないため、賞味期限がなんと1日!
当日限りの幻のよもぎ餅。

程よい弾力でモチっとしたお餅に、優しく包まれるたっぷりの粒あん。

彼女は一口食べるごとに「うんまああぁあぁあ〜!!」とお店の前で叫んでいました。

そして、ここ上川町で世界に名を轟かす日本酒があります。
それがここ! 「上川大雪酒造」です!

上川大雪酒造

2017年にできた日本で最も新しい酒蔵のお酒が、数々の鑑評会で評価され、今では日系航空会社のファーストクラスのドリンクに採用されているそうです。

僕らはふたりそろってお酒が弱いので、名酒を家族へのお土産に。

上川大雪酒造/酒粕チーズケーキ

自分たち用には贅沢にも酒粕をふんだんに使った日本酒チーズケーキを購入しちゃいました。わーい!!

移住体験住宅へ戻って、いざ実食!!

「最高おおぉおおおお!!!!」
雪のようにしっとりしたチーズケーキを食べると、日本酒のコクのある香りが鼻を抜けていく大人のチーズケーキ。これの為にもう1度北海道へ行けるレベルの美味しさでした。

上川町が穴場すぎる…

僕は職業柄、1日のほとんどをPCの前で過ごしています。
最近ではテレワークも広がって、ずっと家の中でお仕事をしてる人も多いんじゃないでしょうか?
僕は同棲中なのですが、彼女が用事で外出していると部屋で孤独に仕事してるのが寂しい…。

コワーキング施設/KAMIKAWORK.Lab


そんな僕が、上川町でパソコン仕事をする時、ここに通っていました。

Wi-Fiは爆速で充電ももちろんできて、なにより北海道の自然を眺めながら仕事ができるんですよね!
いつもは半目でぼけーっとしてる僕もここでは

いつもの3倍くらいの速さで仕事終えてましたね。マジです。

さらに、ここ「KAMIKAWORK.Lab」は、作業スペースの他にみんなでゆったりくつろげるキッチン兼コミュニケーションスペース、2階部分にお洒落な住居スペースがあるんです。


このまちにこんなお洒落なシェアハウスがあるなんて…!!
主に上川町に地域おこし協力隊として移住してきた方々が住んでいて、家賃も安くて、環境は最高で、仕事で来るたびに(テラスハウスみたい…ここでワーケーションしたい…)と思ってました。

まだまだすごいぞ上川町。
スタバこそないけれど、こんな所があるんです…!!

大雪かみかわヌクモ

パッと見…と言うか、どこからどう見ても校章付きの学校の体育館なんですけど、
実はここ廃校になった小学校を2019年にリノベーションした新施設なんです!!

中に入ってみると、子どもたちが遊べるような大量のクッションスペース。(彼女が暴走中)


そして、なんと!お洒落なカフェが併設されているんです!!
ここならお子さんがいる方でも安心して仕事をしたり、息抜きもできる。そして注文してから淹れてくれるコーヒーが美味しいことこの上ない…!!

さらに言えば、このヌクモには子どもも大人も楽しめる最新のプレイルームがあるんです。
それがこちら!かの有名なチームラボが監修していて、
遊びながらプログラミングを学べるスペースになっています。

(超やってみたい…!!)

好奇心だけが僕らの取り柄なので、遊んでみました。
カップルらしくお互いを描いていきます。


めちゃくちゃ似てますね。本物がどっちかわかりません。

そんなお互いの描いた絵をスキャンすると、なんと…


ふたりの絵が壁に映し出されているではありませんか!!!!
しかも手元のiPadから簡単なプログラムをすると、歩いたり踊ったり大きくなったり…。
楽しい…楽しすぎる!!我を忘れて子どもたちと遊びました。

そして、クリエイターの人も全くそうじゃない人も、日本人のみんなが大好きなものがここ上川町にあります。

北海道5大温泉街のひとつで、年間200万人近くの観光客が訪れる場所。
それが…『層雲峡温泉』

ワーケーションで上川町に来て、満喫するもよし!旅行で来て思いっきり楽しむのもよし!
僕らが宿泊した「ホテル大雪」は、館内になんとお風呂が3箇所も!!



部屋からの眺めも最高で、雪を眺めながら浸かった温泉はまさに極楽浄土。無事、召されました。

そして、ここでも北海道クオリティ発揮。
ここホテル大雪は、朝食夕食がビュッフェスタイルなんですけど、そのクオリティが高いのなんの!!ビュッフェって質<量ってイメージだったんですけど、これは一体…!!



ホタテのバター焼き、ジンギスカン、しゃぶしゃぶ、ステーキ、海鮮チラシ…ぐはぁ。
質と量を兼ね備えた北海道ならではのビュッフェで、気づけばテーブルの上は大渋滞の大混雑でした。(笑)

北国ならではの冬の体験が楽しすぎる!

いやぁ最初にもお伝えしたんですけど、いくらこれだけ楽しいとは言え氷点下2桁の世界。
そんな寒いところ嫌だわ…って思っているアナタ!そこのアナタ!!!!

ポジティブに捉えればそんな気温だからこそ!楽しめる体験や景色があるんです!!!!

先ほどもお伝えした層雲峡は温泉のみならず、冬には『氷瀑まつり』が開催されます。

カラフルにライトアップされた大迫力の氷瀑の数々。
アナ雪のような世界観で、本年については毎週土曜日には花火も打ち上げられます。

そして、冬の人気アクティビティ、スノーモービルにも乗車体験させていただきました!
絶叫マシンが大好きな彼女は大興奮で乗車。

「フウウゥウウ!!うわぁー!楽しいいいぃい!!!!」

そして、絶叫系が超苦手な僕もなぜかその場のノリで乗車。

「マジでゆっくりでお願いします。いや本当マジです。」

ブウーン!!(全速力)


「いや、なんでええぇええぇええええええ!??!????」

そんな冬ならではの体験はもちろん、雪の降らない土地から来た僕らにとっては、
まちの景色や日常さえも非日常で、毎日シャッターを切ってました。


まとめ

いかがだったでしょうか?この記事をきっかけに上川町に興味を持ってくれたら嬉しいです。
役場の人、地域おこし協力隊のみなさん、スーパーのおばちゃんまで、みんな温かく接してくれて僕たちにとって本当に大好きなまちになりました。
今回は冬に滞在しての記事でしたが、夏は夏で最高だそうですよ?
みなさんもぜひ一度、上川町へ行ってみてくださいね〜!!

提供:北海道上川町 Welcome to Town of KAMIKAWA

コメント6

  1. 道端に軍手置き太郎

    1週間であれば最高。問題はこれが4か月続くこと。
    雪かきは骨折れるし、リアルに骨折ることもあれば、死ぬこともあるし、家の近くで遭難することもある。
    モノクロの世界が4か月も続くと色に飢える。

    まあ、それでも北海道は最高。

  2. シャルルロシュー

    とったびの2人が大好きでこの記事を読ませていただきました。2人の写真がとても素敵で是非とも北海道に行った際に上川町に行ってみたくなりました。特に日本酒が気になったのでネット通販でも探してみたいなと思います。

  3. ami‪‪☺︎‬

    冬の北海道、お恥ずかしながら雪っていうイメージが大きく住みずらそうだなぁって思ってしまっていたけれど、こんちゃんあーちゃんの移住体験を見させて頂き、上川町めっちゃいい!!!行ってみたい!!!魅力あり過ぎ!!って思いました😳✨素敵な町ですね!

  4. ちかこ

    写真がすっごく綺麗ですね。
    良い経験でしたね。

  5. スーパー一般人

    北海道に3年住んでましたけど、上記の通り1周間とかの短期なら結構楽しい。 でも住んでみると、約半年は雪に埋もれるような生活になり、結構たいへん。 朝起きたら積雪40cmとかもザラ。 そんでもって、札幌の人は頑張るということをしないので、仕事のモチベーションはガンガン下がる。 たまに息抜きで行くのはかなりおすすめですが、仕事を長期間続けるというのは環境的に良くないので、全然おすすめできません。

  6. Ashiie hike

    こんちゃんとあさみがいる!!私の一番好きな癒し系Youtuberがいる!!!お二人に私の動画見てもらうのが夢です❤️

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET