笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

イヤイヤ期に有効なのは「予告」。育児マンガに賛同の声「切り替えうまくなる」

思い通りにならない育児の中でも、子どもを決まった時間に寝かせるミッションは意外とハードルが高かったりします。
一色美穂

過去のご紹介記事はコチラ↓
【絶叫!そして…⁈】娘の行動が異次元すぎて困るんだがwww
娘と「かくれんぼ」をしたら、母が腰を抜かしてしまった件
アンパンマンは現実でも子どもを守るヒーローだった件

そんな子どもを寝かせる時間をコントロールできず悩んでいる子育て中の方にご紹介したいのが、漫画家・一色美穂さんの『ねんねの時間』。半ば諦めている方は、ぜひ一度参考にしてみてはいかがでしょう?


twitter.com@isshikimiho

子育て中には、あの手この手で子どもをゴールへと導こうとしますが、そのほとんどが失敗に終わりがち。しかし、事前にお休みの通達をしているだけであら不思議!まさか自発的にねんねするとは…!?

とてもシンプルなアイディアですが、本を読む前にたった一言添えるだけで、寝る前のバトル勃発が避けられるのであれば、試してみるに越したことありませんよね。

そんなこちらの漫画に対し、読者の皆さんからはこんなコメントが寄せられています↓

・うちの息子(5歳)も同じで、お風呂もご飯も外出も歯磨きも寝るのも全部妻が事前に言ってくれてます!

・予告すると良いのは同意です!急よりも予告しておいた方が気持ちの整理がつきますよね👍

・うちも時計の針の2種類の概念はまだないけど「(長針)5まで来たらお片付けしようね」とかいうとちらちら見ながら遊んでたりします。寝る前の絵本は正にこうなります。

・教員をやっているのですが、同じく予告して取り組むと子どもたちは、切り替えがうまくできるようになります。

さて、作者の一色美穂さんが作画を担当した、発売中の書籍『コミック版 「語りかけ」育児: 0~4歳 わが子の発達に合わせた 1日30分間』が、この度重版しました!

こちらの書籍では、イギリスの言語治療士であるサリー・ウォードさんが開発した、イギリス政府推奨の「語りかけ育児」がまとめられた著書『Baby Talk』が、漫画でわかりやすく解説されています。

未読の方は、ぜひ手に取ってみてくださいね!

Twitterには、娘さんの育児漫画や家族との日々を綴った面白エピソード漫画が多数投稿されています。気になる方はぜひフォローしてみてくださいね!
Twitter:一色美穂(@isshikimiho)
ブログ:漫画家と名乗れるか
書籍:コミック版 「語りかけ」育児~0~4歳 わが子の発達に合わせた 1日30分間~ 「語りかけ」育児
まんがでわかる自律神経の整え方
漫画家と税金~確定申告やってみた~基本編

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET