笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

SF感のある「合わせ鏡アート」が海外で話題。鏡とライトで生み出す唯一無二の作風

鏡と鏡を向かい合わせると、不思議な空間が広がって面白いですよね。永遠に同じ絵が繰り返されて、ゴールが見えない不安な気持ちを味わえます。

そんな合わせ鏡を利用した、不思議なキューブがネット上で話題となっています。その実物がコチラです。

吸い込まれそう!

まるでCG映像のような美しさ。内側を覗くと、延々に空間が続いています。どれが実体なのかわからず、頭が混乱しそうになるほどです。ボーッと見ていられるような、不思議な魅力がありますね。作品名はテサラクトゥ・インフィニティ・ミラーアート・スカァルプチュア。

内部には、LEDライトが組み込まれています。暗闇でライトアップさせると、また違った美しさに…。

このキューブを制作したのは、鏡を使ったアートを研究しているアメリカ・カリフォルニア州在住のアーティスト、ニッキー・アリスさん。ホームページによると、2007年から自分のアートに鏡を取り入れたんだそうです。アーティストとしてだけでなく、ロックバンドのツアー管理や心理学に関する活動も行なっています。

ニッキーさんは、このキューブ以外にも様々な鏡アートを制作しています。

次ページ:近未来が好きな人にはたまならい

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET