笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

主役は「タラタラしてんじゃねーよ」のアレ。インスタ1万いいねの《駄菓子漫画》作者に制作秘話を聞いてみた

皆さんは駄菓子が好きですか? 安くて手軽に食べられる駄菓子は昔から多くの人に愛されています。

以前から日常の出来事やシュールなギャグ漫画を投稿しているべんどっとさん。そんな彼が描いた、ある駄菓子をモチーフにした漫画がSNS上で大きな話題となっています。

握手を求めるネーちゃん 提供:べんどっとさん

ツンツン頭にパンクなファッション、背中にはギター。いかにもバンドマンといった格好をした彼に、「アナタは最高です!噛めば噛むほど旨みが溢れてハマっちゃう!」愛を語るネーちゃん。

彼は「時代の流れには逆らえねーんだ」と浮かない顔をしますが、その後も「一周回ってアナタに戻る人すごく多いです」とアツく語るネーちゃんに心を動かされた模様。

「今から空いてるか?一杯やらねーか?てかやんぞ!」と切り出した彼ですが、突然の誘いにネーちゃんは「心の準備がまだ…!」とあたふたします。


「タラタラしてんじゃね~よ」 提供:べんどっとさん

すると彼は、「タラタラしてんじゃね~よ」とキメ顔。憧れのセリフを生で聞いて感激したネーちゃんは、彼に肩を抱かれて街のどこかへ消えていくのでした……。

本編を読む

そう、この漫画は人気の駄菓子「タラタラしてんじゃねーよ」のキャラクターを描いた作品だったのです。投稿後、1万件以上のいいね(2021年9月13日時点)が付いたこちらの漫画には、「これがあの駄菓子w」「朝から吹いたw」「ちょ!!今から買いに行ってきます」など多くのコメントが寄せられました。そんなギャグ漫画の作者べんどっとさん(bendotto_osaka)にお話を伺いました。

インスタで漫画の投稿を始めた理由はなんですか?

べんどっとさん:元々は、facebookで友達や知り合いに向けて漫画やイラストを細々と公開していたんです。

そこで、自分の事を一切知らない不特定多数の人達に自分の漫画を読んでもらった時に「どのようなリアクションを頂けるのだろう?」と興味が湧き、インスタでの投稿がスタートしました。

今回、「タラタラしてんじゃねえよ」の漫画を描いたきっかけはありますか?

べんどっとさん:コンビニのお菓子コーナーで「タラタラしてんじゃねーよ」を見かけ、パッケージのロック兄ちゃんを観察していたら設定とセリフが頭に浮かんだので漫画にしました。

投稿に対する読者の反響はいかがでしたか?

べんどっとさん:「あのセリフが出るまで気づかなかった」「まさかあの人だったとは」「途中からもしやあの人か?と思って読みました」「食べたくなりました。買いに行ってきます。」「他の駄菓子もストーリー化してほしい」といった反応をいただきました。

「スベるかウケるかハッキリ分かれるだろうな」と思って投稿しましたが、楽しんで頂けたようで良かったです。

思いもよらぬ”彼”の登場に驚いた読者が多かったようです。じわじわくるギャグ漫画で人気のべんどっとさんが、今後どのような作品を届けてくれるのか、引き続き目が離せませんね…!他の駄菓子漫画にも期待したいところです(笑)。

本編を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET