笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

社長「セクハラを真に受けるお前が悪い」→退職を決めた女性を鼓舞する《同僚の言葉》にジ~ン!

卒業や退職などなど、生きていると我々を取り巻く環境がガラリと変わるタイミングが何度も訪れるもの。そんな時、去りゆく人に対して送られる言葉にこそ、人間性が顕著に現れるものですよね。インスタグラムで活躍されるどんぐりさんは先日「退職前に言われて感動した言葉」をまとめて投稿されました。

あらすじ

作品のなかで紹介されているのは、退職されるどんぐりさんに対して送られた、同僚たちからの「心優しいメッセージ」。

社会経験してんだよ。提供:どんぐりさん
温かい彼らの言葉により、心労を抱えていたどんぐりさんの気持ちは、随分と軽くなったようです。

本編を読む

漫画を描かれたきっかけや、当時置かれていた状況について、投稿者のどんぐり(@d0n_guri)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――この漫画を描かれたきっかけはなんでしたか?

どんぐりさん:私はこの話に出てくる言葉をかけてもらった事によって、沈んでいた気持ちが軽くなりました。誰かに少しでも「そんな考え方があるんだ」と思ってもらえればと思い書きました。

――どんぐりさんが会社を辞めた理由はなんでしたか?

どんぐりさん:詳しくは書けないのですが、ポジティブな理由はありません。セクハラやパワハラ、自分に向けられたものでなくてもハラスメントの存在する職場は精神的に参ってしまいます。

――逆に、上司から言われてびっくりした言葉などはありますか?

どんぐりさん:「セクハラ発言を真に受けるお前が悪い」です(笑)。社長に面と向かって言われました。社長曰く、その発言すらも冗談として流してほしかったそうです。

――最後に、この漫画をどういった方々に届けたいですか?

どんぐりさん:わたし自身を含め周りの人を見ていると、ポジティブな理由で退職や転職をする人はあまり多くないイメージです。今の環境から逃げ出したいからとった行動なのに、そんな自分を責めてしまいがち。でもこういう考え方の優しい人もいるんだよって届けたいです。

 

去り際に言われた言葉は、一生心に残ることが多いですよね。温かい同僚たちの気遣いの数々…読んでいるこっちまで気分が軽くなるようなメッセージでした。

作品提供・取材協力:どんぐり

本編を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET