笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【6万いいね】超ハッピーエンドに至る「頑固ジジイと謎の生き物」の思い出に涙出ました…


twitter.com@harupeace6

twitter.com@harupeace6

twitter.com@harupeace6


twitter.com@harupeace6


twitter.com@harupeace6

twitter.com@harupeace6


twitter.com@harupeace6

twitter.com@harupeace6

おじいちゃんの気持ちが伝わって良かった…😭


頑固一徹で自分の本音を孫娘に伝えることなく他界した祖父。両親に代わり立派に育てなければならないという義務感もあったのか、孫娘に嫌われてもその厳しい姿勢は生涯変わりませんでした。

しかし、祖父の死の前の帰郷で出会った不思議な生き物“ねむた”のおかげで、少しだけ祖父の伝えたかった言葉を感じ取ることができただけでなく、大切に保管されていた亜樹子の作品の数々を発見することができました。

祖父の死後、溢れんばかりの祖父からの愛情を感じ取ることとなりましたが、その愛情を糧にがむしゃらに生き抜き夢を叶えた亜樹子は、きっと胸を張ってあの世の祖父と再会したに違いありません。

また、涙無くしては読めない感動のストーリーに、多くの読者が涙腺崩壊したようです。

・電車の中で泣いた…

・Twitterに上がっている漫画で泣いたのは初めてです。

・ねむたの優しいお話もっと読みたい…

・アニメ化してほしい!

冒頭でもお伝えしましたが、今回ご紹介したちづはるかさんの『ちいさきいのちの通り道』は、小学館マンガワンの「第28回 マンガワン新・月例賞」を受賞した作品です。

ちづはるかさんの活動の応援したい方は、ぜひアプリでもチェックしてみてくださいね!

さて、『ちいさきいのちの通り道』のラストでは小説家としての夢を叶えた亜樹子が登場しましたが、時が過ぎ今度は亜樹子の孫がねむたと出会うようです。

Twitterには、かわいいねむたのイラストや他の創作作品のイラストなども投稿されているので、新作情報を見逃さないためにもフォローをお忘れなく!

Twitter:ちづはるか/ちづなる(@harupeace6)
pixiv:ちづなる
書籍:BL演技でいいから食べてくれ



コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET