【閲覧注意】カーテンに顔がぁぁ! 稲川淳二も震え上がるに違いない視線の正体とは

【閲覧注意】カーテンに顔がぁぁ! 稲川淳二も震え上がるに違いない視線の正体とは

8月を間近にし、本格的な暑さがやってまいりました。
そんな今宵にお届けするのは、思わず背筋も凍る怖い体験です。

窓際に現れた子どもの亡霊

愛知県にお住まいのある男性が、ある日、自宅で背後に視線を感じたんだそう。
しかし、視線の先にあるのは窓。しかもカーテンを閉めているはずなので誰かがいるなんてことはない。そう頭ではわかっていながらも、視線の先を見てみたのです・・・。

「やだなぁ~怖いなぁ~、なんかイヤな感じがするな~」
CobQRGCUsAAgllr_R
twitter.com@kaichikun

ギョッ!!まごうことなき人間の顔!
カーテンの先は窓ガラスがあるから、人が立つなんてことは不可能。そもそも透けているではないか!!

しかし、一度見てしまったからには、もう後戻りはできない。問題の顔がある場所へ近づいていきます。

CobQR3rVUAA_OcJ_R
twitter.com@kaichikun

やっぱり顔だぁぁ!
年の頃は小学生くらいでしょうか。男の子の顔です。小学生の身長ではまず届くはずがない窓の上部で、「じ・・ぃ・・・」っと床を見つめています。映画「呪怨」に登場するあの俊夫くんソックリ。

「ア、ア、ア"ア"ア"ア"ア"アァ」

幼くして亡くなり、親を探して一人この世をさまよう亡霊なのか・・・
男性はさらに一歩、もう一歩近づいていきます。

「おかしいなー、おかしいなー」
CobQSrYUEAEihMf_R
twitter.com@kaichikun

これ、カーテンのシワじゃん!

そう、顔に見えていたのは亡霊などではなく、ただのシワだったのです。


とんでもないまさかのオチ。でもこの顔は偶然とは思えないほど、あまりにもリアルです。もしかすると、幽霊が自分の存在を伝えるために、このようなシワを作ったのかもしれませんね・・・。

サイトー

ライター

サイトー

会社のウォシュレットを「強」にする犯人。サイトーです。
PS.アイコン変わりました!twitter.com@CuRAZYsa

元不動産会社勤務。4年勤務したのち、2年間の自由業を経て、去年の1月よりクレイジーでライターとして勤務。