【同じ電車に乗る二人】互いの名前も知らないオジサンと学生の心温まる物語

【同じ電車に乗る二人】互いの名前も知らないオジサンと学生の心温まる物語

Twitterで、ある電車でのやり取りが心温まると話題になっています。

その物語の登場人物は、おじさんと学生。年齢や職業もまるで違う二人は、お互いの名前すら知りません。毎朝の電車で同じ車両に乗っている。ただそれだけの顔見知り程度の関係だったのです。しかし二人の間に思いもよらない展開が訪れるのです。
その一部始終を見ていたという、べいたんさんのつぶやきがこちらです。


こんなことってあるの?思わずそう感じてしまうこの神展開!

声をかけるのをためらって、足をぶつけたシャイな学生と、うっかりものだけどとても優しいおじさんの姿が浮かびます。おじさんは学生が起こしてくれたことに気付いていたんですね。そして学生が欲しがっていたゲームのことまでちゃんと覚えていた。
言葉を交わすことはなくとも、毎日同じ車両で見かけているうちに、友情にも似た関係性が生まれていたんでしょうか。

この心温まる物語にはたくさんのコメントが寄せられています。

こんな優しい光景が実際に起きるなんて、ネタではないのかと疑ってしまいますが、それは無粋。
相手から助けを求められなくても、こちらから手を差し伸べる。勇気がいる行為ですが、きっとそれがプラスの連鎖を生む。そんな心温まるお話をご紹介しました。

サイトー

ライター

サイトー

会社のウォシュレットを「強」にする犯人。サイトーです。
PS.アイコン変わりました!twitter.com@CuRAZYsa

元不動産会社勤務。4年勤務したのち、2年間の自由業を経て、去年の1月よりクレイジーでライターとして勤務。