【偏見から守る!】イスラム教徒の人が理不尽な嫌がらせを受けていたら助けてあげよう

【偏見から守る!】イスラム教徒の人が理不尽な嫌がらせを受けていたら助けてあげよう

世界各地でテロ行為を行う「ISIL」。少し前までは「イスラム国」と呼称されていました。そのせいもあって、イスラム教徒=テロという不名誉なイメージを持ってしまっている人が少なからず存在します。
しかし、イスラム教徒の多くは暴力を嫌い平和を願う人々。

なくならない理不尽な偏見からイスラム教徒を守る方法をフランスのMaerilさんが描き、それをInko_よっこい庄一さんが翻訳してくれましたので、今回はそのイラストをご紹介します。

【偏見から守る!】イスラム教徒の人が理不尽な嫌がらせを受けていたら助けてあげよう
twitter.com@yokkoishoichi

【偏見から守る!】イスラム教徒の人が理不尽な嫌がらせを受けていたら助けてあげよう
twitter.com@yokkoishoichi

【偏見から守る!】イスラム教徒の人が理不尽な嫌がらせを受けていたら助けてあげよう
twitter.com@yokkoishoichi

【偏見から守る!】イスラム教徒の人が理不尽な嫌がらせを受けていたら助けてあげよう
twitter.com@yokkoishoichi

【偏見から守る!】イスラム教徒の人が理不尽な嫌がらせを受けていたら助けてあげよう
twitter.com@yokkoishoichi

嫌がらせをしている人に、直接注意をするのはとても勇気のいることですし、自分が巻き込まれて大きなトラブルに発展してしまう恐れもあるので、この方法はとてもいいですね。
最近は街で、ヒジャブを身に着けている人を見かける機会も多いですから、もしもの時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

このイラストを見た方からはこのようなコメントが寄せられています。

賛同する意見が多数寄せられています。今回の場合以外にも、言われなき扱いを受けている妊婦さんやお年寄りを見かけたときにも使えそうです。
大事にしてはいけないからといって、見て見ぬ振りをするのではなく、少しの勇気を出してみてはいかがでしょうか。

 

サイトー

ライター

サイトー

会社のウォシュレットを「強」にする犯人。サイトーです。
PS.アイコン変わりました!twitter.com@CuRAZYsa

元不動産会社勤務。4年勤務したのち、2年間の自由業を経て、去年の1月よりクレイジーでライターとして勤務。