笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち

クライマックスシリーズで、北海道日本ハムファイターズに惜しくも負けてしまいましたが、広島東洋カープがセ・リーグ優勝を祝うパレードを11月5日に行いました。
しかし、勝者がいれば当然敗者がいます。

少し前に「2位じゃダメなんでしょうか」という言葉が物議を醸したように、1位と2位では歴然たる差があるんです。今回ご紹介するのは、2位であるが故に知名度が著しく低いものたち。

1. 日本の高い山

1位:富士山
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

2位:北岳
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

日本一高い山といえば、もちろん富士山。日本人なら誰もが知っている常識ですが、日本で2番目に高い山は、山梨県南アルプスの北岳。標高は3193mです。

2. 世界の高い山

1位:エベレスト
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

2位:K2(カラコルム山脈)
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
wikipedia.org

世界一高い山といえばもちろんエベレスト!しかし2位はk2という聞き慣れない山。カラコルム山脈という、これまた聞き慣れない山脈にあります。

3. 足の速い動物

1位:チーター
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

2位:プロングホーン
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

地上最速動物はご存知チーター!なんと時速120キロというスピードで走ることが出来ます。一方の2位はプロングホーン、見たことも聞いたこともない動物ですが、最高時速は88キロ、長距離においてはチーターよりも速いと言われています。

4. デカい鳥(重量)

1位:ダチョウ
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

2位:ヒクイドリ
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

最も重たい鳥はダチョウで、体重は130キロ以上。その次に重たいのが、ヒクイドリ。大きい鳥としての認知度はほとんどありませんが、「世界一危険な鳥」としてギネスブックに登録されたことがあります。

5. 泳ぐのが速い魚

1位:カジキ(バショウカジキ、マカジキ、クロカジキ)
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

2位:カマスサワラ
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

日本の食卓でも馴染みのあるカジキは、実は最速で泳ぐ魚。一方で2位はサワラカマス。肉食の魚で「ワフー」とも呼ばれています。

6. 世界で競技人口が多いスポーツ

1位:サッカー
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

2位:クリケット
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

世界で最も競技人口が多いスポーツはサッカーですが、2位は野球ではありません。2位はクリケット。野球の原型と言われ、1試合を終えるのに5日間かかることもあるんだとか。

7. うどんの生産量

1位:香川
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

2位:埼玉
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

うどんといえば、だれもが真っ先に香川県をイメージすることでしょう。もちろん香川が1位ですが、2位は以外にも埼玉県。埼玉出身の筆者は「山田うどん」が全国チェーンでないことに驚きました。

8. 世界の人口が少ない国

1位:バチカン
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

2位:ニウエ
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

世界一小さい国として有名な国バチカン市国は、人口の少なさでも、もちろん1位なのですが、2位はニウエという国。人口は1000人ちょっとしかいません。

9. 平均年収が高い国

1位:アメリカ
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

2位:ルクセンブルク
一位じゃなきゃダメなんです! トップとの全然知名度が違う二位なものたち
pixta.jp

平均年収(可処分所得)の高い国、1位はやはり世界のドン、アメリカ!しかし、意外なことに2位はヨーロッパの小さな国ルクセンブルク(※OECDの調査に基づく)。金融業が好調で、かつて金正日の隠し資産が、ルクセンブルクの銀行に預けられていると報じられたことがあります。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET