gatya

廃棄寸前のチューリップがまさかの完売!女性社員のアイディア「球根ガチャ」で奇跡

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

ネットを使って世界中の人とつながることが出来るSNS。
そんなSNSが一つの奇跡を生みました。

始まりは、大阪で園芸センターを展開している国華園の公式Twitterが投稿した、このツイート。


なんと、出荷場でのトラブルで、輸入したチューリップの球根が入ったパレットが破損。品種ごとに分けられていた球根がごちゃ混ぜになってしまったのです。

通常、品種が分からない状態では売り物にならないため、球根は廃棄されかねない状態でしたが、国華園のTwitterを運営している女性社員(通称「中の人」)がアイディアを出したのです。

それは「球根ガチャ」。
スマホゲームなどで、課金をしてガチャを回さなければどんなキャラクターが手に入るかわからない「ガチャ」をもじったものです。

すると、思いがけない反響が起きました。

まさかの注文殺到!
少しでも在庫を処分できれば、良いだろうと考えていたそうですが、瞬く間に注文が入り、ついには上層部までが動き出す事態にまで発展するのです。

そして・・・。

なんと完売!!
その喜びを「中の人」はスタッフブログでこのように語っています。

ひっそり始まって、大した助けにもならないまま終了するはずだったこの企画は、多くの皆様の励ましとご協力によって、瞬く間に社内でも滅多に見ないモンスター企画へと大躍進を遂げました。

改めて、今回の件に関わってくださった皆様、心からありがとうございました!!!

国華園スタッフブログ : チューリップ球根ガチャにつきまして(twitterの中の人)より一部抜粋

SNSは、ワイドショーなんかで、事件や非行などの悪い事柄に関連付けられることが多々ありますが、今回の事例のように良い形で役立つことがあるんです。

今回のようなことがあると、ユーザーの一人として温かい気持ちになります。このような明るいニュースも広く知れ渡ってほしいものですね。

サイトー

ライター

サイトー

ガムテープは布派!サイトーです。twitter.com@CuRAZYsa

元不動産会社勤務。4年勤務したのち、2年間の自由業を経て、今年の1月よりクレイジーでライターとして勤務。