笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
【そのまま使える話のネタ100】パティシエがコンクールの前に毎晩見たもの

【そのまま使える話のネタ100】パティシエがコンクールの前に毎晩見たもの

2
総合評価 ★★★★

パティシエのワールドカップと呼ばれる 「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」のあめ細工部門で優勝した経歴を持つ辻口博啓さん。

東京・自由が丘にある「モンサンクレール」をはじめ、十数店のスイーツ店を展開するなど大活躍をされています。これは、その辻口さんが、史上最年少の23歳で「全国洋菓子技術コンクール」で優勝したときのエピソードです。

優勝を狙っていた辻口さんは、コンクールの前、毎晩、寝る前に穴が開くほど「あるもの」を見ていたそうです。

さて。

いったい何を見ていたかわかりますか?

実は辻口さん。毎晩、同コンクールの歴代の優勝作品であるスイーツの写真を見ていたのだそうです。

理由はもちろん、優勝作品の傾向や、審査員の好みを頭に叩き込むため。

そうやって、どんなスイーツが高得点を得るかをつかんでから、自分の作品のアイデアを練っていったのですね。

コンクールでは審査員がお客様です。辻口さんは優勝を狙って、そのお客様の好みに焦点をしぼった。「自分が作りたいスイーツ」ではなく、「審査員が喜ぶスイーツ」を作って優勝をものにしたというわけです。

「自分が作りたいスイーツ」は、コンクールで優勝して有名になって、自分のお店を持ってから、いくらでも作れますものね。

このネタの用途例

「事前のリサーチの大切さ」「客商売はお客様に満足してもらうことを第一に考え
るべき」などを伝えるときの前フリ。

効果的なアレンジ例

「辻口さんのスイーツを食べたことがある人?」と聞いてみる。

2

arrow_back 前の話次の話 arrow_forward

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET