CuRAZY [クレイジー]
より良い暇つぶしを届けるメディア
時には自分の心に耳を傾けて。「我慢できる」は必ずしも「大丈夫」じゃない

時には自分の心に耳を傾けて。「我慢できる」は必ずしも「大丈夫」じゃない

度合いに差はあれ誰しもストレスを抱えて生きている現代社会。「辛いといえば辛いけど、まだ私は大丈夫」。頑張り屋の人であればあるほど、ついついそう思ってしまいがちです。

しかし、鳳りょうさんはそんな人たちこそ自分の心にもっと耳を傾けてほしいと、そうした思いからこんな漫画を描きました。
1
twitter.com@ryou_shibasuki

2
twitter.com@ryou_shibasuki

3twitter.com@ryou_shibasuki

4twitter.com@ryou_shibasuki

「辛さ」を許容できるキャパシティは人それぞれです。この漫画のように、自分でも気付かぬうちに限界を迎えてしまいます。そしてそれは周りからは、一見しただけでは分からないこともあるのです。だからこそ、自分の心にはもっと正直に耳を傾けていきたいですよね。

この漫画は、実際にこうした状況におちいったことがある人たちからも大きな共感を得ています。

「頑張ること」ってとても素晴らしいことですが、やっぱり健康あってこそ。こうした心のサインを見逃さないことが大切なのかもしれませんね。

コメントする

※記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET