笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
接しやすさNo.1! 現在宇宙滞在中の宇宙飛行士、金井宣茂さんを好きになる5の理由

接しやすさNo.1! 現在宇宙滞在中の宇宙飛行士、金井宣茂さんを好きになる5の理由

昨年12月17日にロシアの宇宙船ソユーズに乗って宇宙に向かった、宇宙飛行士の金井宣茂さん。長期滞在搭乗者として6か月間の任務にあたっており、現在も国際宇宙ステーションに滞在しています。

そんな金井さんが宇宙から投稿しているツイートが注目を集めています。宇宙に関する情報はもちろんなのですが、投稿される内容から分かる人柄の良さがとても素敵なのでご紹介します。

宇宙飛行士 金井さんの魅力その1:とってもお茶目

無重力環境で身長が伸びたことに大喜びの金井さん。冗談を交じえてはしゃいじゃってます。

日本の実験棟「きぼう」が、まるで老舗居酒屋のような見た目に!

津軽海峡上空の宇宙ステーションから日本に向かって、手を振っていたという金井さん。もちろん地球から目視できるはずがありません。

宇宙飛行士 金井さんの魅力その2:写真を撮るのがヘタ

上記の投稿で写真撮影に失敗したと語る金井さん。写真の練習を頻繁にしているのですが、なかなか思うような写真が撮れないようです。

練習をした夜景撮影に挑戦するも、船内の明かりが写りこんでしまいます。

自分の写真と比較して、先輩宇宙飛行士の油井さんの撮影テクニックに感服。

最終的に、開き直って窓を鏡代わりに自撮りするもブレブレになってしまった金井さん。

宇宙飛行士 金井さんの魅力その3:ガンダムネタをちょいちょい入れてくる

金井さんの隣に浮遊しているのは、きぼうの船内を撮影するドローン「イントボール(Int-Ball)」。
機動戦士ガンダムに登場する主人公アムロ・レイが作ったロボット「ハロ」にそっくりなことから、ガンダムの劇場版三作目『めぐりあい宇宙(そら)』のタイトルとともに投稿。

また下記は宇宙に旅立つ前のつぶやき。金井さんが搭乗するソユーズ宇宙船は、ガンダムに出てくるモビルスーツ(ロボット)「グフ」の形式番号MS-07と偶然にも同じ!
また金井さんがガンダム好きということもあって、「宇宙で作りたいガンダムのプラモデルは何ですか?」というトンデモない質問をされます。

ちゃんと答えてます!こちらが金井さんが宇宙で作りたいガンプラ「グフ(MS-07)」。
guhu
amazon.co.jp

さらに、そのグフのパイロットのセリフ「ザク(MS-06)とは違うのだよ、ザクとは!」まで投稿!

ガンダム以外にもエヴァンゲリオンやジョジョ、『君の名は。』でお馴染みの新海誠監督作品『秒速5センチメートル』まで、ちょいちょいアニメネタを仕込んでくるので、興味のある方はぜひTwitterをチェックしてみてください。

宇宙飛行士 金井さんの魅力その4:歌に自信がないのにすぐ歌う

まずはこちらのつぶやきをご覧ください。宇宙に出発する直前の投稿です。

歌は不得意と語っています。なのにつぶやきを覗いてみると・・・。

歌ってんじゃん!
憧れの宇宙。そりゃあ少しくらい、はしゃぎたくなりますよね!

宇宙飛行士 金井さんの魅力その5:あだ名が「ニモ」

金井さんは医師免許を持っており、宇宙飛行士になる前は海上自衛官。潜水艦に搭乗する乗組員の健康状態等をチェックしていたのです。それに由来してあるあだ名で呼ばれているんだそう。

「他の宇宙飛行士仲間から何と呼ばれているんですか?」という質問に対し、こう答えています。

『ファインディング・ニモ』との共通点は、海の中にいたというところだけですが、そんな親しみやすいあだ名をつけられているということは、宇宙飛行士の仲間たちからも、きっと愛されているんでしょうね。

 

今回ご紹介したもの以外にも、まだまだご紹介したい魅力がたくさんあります。
例えば、ヘンな訓練の様子を教えてくれたり・・・。

結構適当な時があったり・・・。
「緊急事態になったら手術をする自信はありますか?」という質問に対して。

そして、なにより・・・かわいい!

6か月間という長期の任務。我々には分からない苦労がたくさんあるんでしょうが、金井さんならきっと明るく任務を完遂してくれるに違いありません。今後の投稿からも目が離せませんね!

コメント1

  1. 名無しさん

    なんて楽しそうに生きる人なんだろう!
    まぶしい~

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET