笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「お母さん、あなたを殺してもいいですか?」毒親の実態を描く自伝マンガに考えさせられる

ここ最近メディアで目にする機会の増えた「毒親」というワード。「毒親」とは、暴言や暴力、育児放棄や過干渉によって、子どもの成長の「毒」となるような親のことを指す言葉ですが、その実情を詳しく知るひとは多くありません。そんな現状に一石を投じるべく、2018年1月8日にとあるマンガが公開されました。

ab8f49ea0eae3310a7ed6e4319f80c82

その作品のタイトルは「お母さん、あなたを殺してもいいですか?」

制作プロジェクトの発起人で原作を担当したのは、TV番組「マネーの虎」への出演でも知られる女社長・臼井由妃さん――作中語られる痛ましいエピソードの数々は、自身も毒親に育てられた過去を持つという、臼井さん本人の体験がもとになっています。

家庭という逃げ場のない空間で繰り返される、実の母親からの陰湿な暴力。それでは早速、本編をご覧ください。

臼井先生ネーム_001

臼井先生ネーム_002

臼井先生ネーム_003

臼井先生ネーム_004

臼井先生ネーム_005

臼井先生ネーム_006

臼井先生ネーム_007

臼井先生ネーム_008

コメント5

  1. 名無しさん

    ②ページ目の画像が見られない😭

  2. 名無しのごんべえ

    自分も母親と子供の頃から確執あって、何回も〇そうとしたこともあるので、考えさせられました。

    1つ疑問なんですが、度々出てくるインタビュアーの海老原さんと、最後に出てくる男性(相談者の夫??)は一緒の方??

  3. 名無しさん

    知人の話

    似たような状況で、
    最後の最後まで
    睨みつけるような表情で歯ぎしりしながら
    知人の名前を呪文のように繰り返し言っていたそうな。

    このマンガのような結末は
    似た環境の
    何万分の1なのだろうか

  4. 趣味手裏剣集め

    私の母もこんな時くるだろうか?
    未だに私の事は嫌いなようだけど。
    女の子ってだけで捨てたぐらいだから
    一生無理かもしれない

    私には女の子2人の子供がいるけど
    上の子が自分に似ていて愛しい反面、
    凄く憎い時もある。自分も母のようになるんじゃないかと思うと死ぬほど怖い

  5. ななまま

    私も両親に苦しめられましなが、娘はとっても素直でかわいいです。ママ大好きって言って貰えるたびに幸せを感じます。反抗期ですが。すべてが連鎖するとは限りません。この娘は神様からの贈り物だと思っています。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET