笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

亡くなったお婆ちゃんに対する「氷川きよしの対応」が素敵すぎる

※この記事は、2018年2月19日に掲載された記事を「人気記事」として更新したものです。

亡き祖母との思い出を綴ったエッセイ漫画「私はいつか今日のことを思い出す」を発売中のマンガ家・大塚みちこさん。先日、その作品の後日談となるエピソードがTwitter上で公開され、大きな反響を呼びました。読む者の胸をじんわりと熱くさせたそのエピソードを、まずはご覧ください。

DWJenDkVoAABRC7
提供:大塚みちこさん

DWJe40WU0AAP360
提供:大塚みちこさん

DWJe6WwV4AAQ3hD
提供:大塚みちこさん

DWJe9YNUMAANZyy
提供:大塚みちこさん

亡きおばあちゃんの生前の好意に、丁寧なサインで応えてくれた演歌歌手の氷川きよしさん。さらに、サインの傍には、こんなメッセージが添えられていました。

悦子おばあちゃんありがとうございました。また生まれ変わってもお会いしたい

忙しいスケジュールを縫って氷川さんが送ってくれたこの言葉は、祖母のいない日常を送る大塚さんたち遺族の心に、じんわりと沁み渡りました。

この投稿を受けて、読者の皆さんからはこんな反応が。

「〝せめて〟はその人の〝すべて〟だと私は思います」

ツイートの中で大塚さんが言うように、「せめて」という想いで行われる行動の中にこそ、その人の優しさの「すべて」は表れるのかもしれませんね。

さて、今回ご紹介し大塚みちこさんは、冒頭でもご紹介した「私はいつか今日のことを思い出す」を電子書籍で販売しています。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Twitter:@mt_mitty
Pixiv:大塚みちこ
LINE store:それいけ!せっぷく丸 LINEスタンプ
書籍:私はいつか今日のことを思い出す

コメント1

  1. 名無しさん

    ずんどこ、やさしい。
    あったかい人だわ。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET