笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
文字どこいった!? いかにも怪しい「透明な手紙」の正体にビックリ!

文字どこいった!? いかにも怪しい「透明な手紙」の正体にビックリ!

ある日の昼下がり、いかにも怪しい招待状が編集部宛に届きました。真っ白な封筒にビシャッと墨のようなものが付着しています。

なんだこれ?
IMG_3861のコピー

なんだかすごく怪しい・・・ということで、賞味期限が1週間以上前のおにぎりでも気にせず食す、編集部イチ怖いもの知らずの筆者ぴんくに、開封の役目が回ってきました。
IMG_3856のコピー

中身は、透明の・・・なんだこれ?(本日2回目)
IMG_3873のコピー

恐る恐る触ってみると、どうやらシリコンのような柔らかい素材でできているみたい。う〜んただ透明なだけ。
nnnnnnn

送付状によると「同封のブルーライトで透明なフィルムを照らせ」とのことなので、実際に照らしてみると・・・。
IMG_0322

文字が浮かび上がってきた!(写真だとよく見えないけど)

浮かび上がった言葉

2.27(tue)@TOKYO
ご都合イカが?
http://sagaprise.jp/yobuko/
YOBUKO

なんと招待状の本体はこの透明フィルムだったようです。しかしこれでもイベントについての情報は皆無。YOBUKOとは何なのか。透明フィルムに示されたURL先の特設サイトに飛んでみました。

天才×イカ?

飛んだ先は、佐賀県の地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の特設サイト。開くやいなや巨大イカが優雅に画面を横切ります。
スクリーンショット 2018-02-19 17.35.15

このイベントは、天才メディアクリエイターの落合陽一さんが、佐賀県の「限りなく透明に近いイカ」と名高い呼子(よぶこ)イカの透明さを証明するというもの。お披露目会では、落合さんが指揮をとって開発したYOBUKOという巨大イカCGを体験することができます。

落合陽一さんは現代の魔法使いと名を馳せている芸術家、そして科学者でもあります。そんな落合さんはインタビューで「人類はまだ透明というものに対する表現方法を知らない」と語りました。たしかに透明ってどうやって表現すんだろう。

https://youtu.be/ZywB8gzIDqc

YOBUKOは鑑賞者の姿に反応するらしく、当日会場に足を運ぶ人は色がはっきりとわかるアイテムを持ってきたほうがいいとのこと。一体どんな作品になっているのか、とても気になります!

イベントは2月27日(火)〜28日(水)まで iTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズにて。入場無料です。気になる人は、特設サイトを要チェック♪

あ!あの封筒の墨は、イカ墨ってことだったのか!!!

特設サイト:佐賀県×落合陽一 YOBUKO 限りなく透明に近いイカ

 

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET