笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

太ももフェチが作った太ももフェチ専用ゲーム「ライザのアトリエ」

本日9月26日(木)にSwitch・PS4版が発売となる「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」の完成発表会に参加した。
『ライザのアトリエ』_logoJP_RGB
「アトリエシリーズ」として22年の歴史を持つ大人気RPGゲームの最新作で、作品ごとのメインキャラクターがとにかく可愛いことでお馴染み。
筆者自身も2作目の『エリーのアトリエ』にハマり、エリーにガチ恋したことがある。

最新作「ライザのアトリエ」は太ももの造形が素晴らしい

そんなアトリエシリーズ最新作の主人公ライザがこちら。
ライザ広報用立ち絵

このライザはゲーム発売前から、そのビジュアルが可愛いとしてすでに話題になっているのだが、それもそのはず。
ライザ広報用立ち絵_R
この太ももである!

アトリエシリーズは、素材を調合して新たな素材を作る「錬金術」をしながらストーリーを進める。
フィールド-1_R
採取地調合_R
戦闘-1_R
本作は「少年少女たちのほんのちょっとの成長を描いた親や大人たちには秘密の青春物語」とのことなのだが、何はともあれ太ももの造形が素晴らしいゲームであることにかわりはない。

プロデューサー「太ももを推したかったわけではない」

シナリオやシステム以上に開発期間が捧げられたと思われる、太もも部分のキャラデザについて完成発表会でも話題にあがった。

こちらの人物はプロデューサーの細井順三氏。ライザで検索すると関連キーワードで「太もも」が出てくることに関して、こうコメントした。

細井氏「別に、太ももを推したかったわけではないんですよ。」
IMG_6378_R

そんなはずはない。
IMG_6486_R
IMG_6511_R
この太ももである。
こんなものをぶら下げといて、推しポイントのつもりはなかったなどという理屈が通るはずなどないのだ。

神田沙也加・ふなっしーのトークとライザの太もも

さらにこのイベントには、スペシャルゲストとして「ライザのアトリエ」のテーマ曲を歌う神田沙也加さんと公私ともに仲がいいというふなっしーが登場。
b

幼少期にザリガニをライターであぶって食べたというエピソードや、神田沙也加さんは意外と押しが強いといったここだけの話が繰り広げられたのだが、そんなことよりもこの太ももである。
c
足先から膝関節までの華奢な造形から一転して、このムチムチの太もも。わかっている。

主人公ライザに限らず、他のキャラクターに関してもやはり太ももが強調されており、開発陣の並々ならぬこだわりを感じ取ることができる。
クラウディア広報用立ち絵
リラ広報用立ち絵
もはや、言い逃れはできないだろう。

太ももフェチが作った太ももフェチ向けゲーム「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は本日発売!
※Steam®版は2019年10月29日(火)発売予定、DMM GAMES版は発売日未定。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET