笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

100%「そうきたか~!」ってなる年の差夫婦が爆誕www

かつて独身生活を謳歌する男性はこぞって「独身貴族」と呼ばれていましたが、仕事一筋で生きてきた定年間近の社畜系男性は、恐らくそのカテゴリには含まれないでしょう。
寅尾あかまる

過去のご紹介記事はコチラ↓
そうきたか…!地味系女子の「意外な素顔」にハートを撃ち抜かれた
そういうことかw「ギャルがオタクに冷たくする理由」に超納得した…
「お局様」もタジタジです!「上司とグイグイくる部下」が尊い✨

漫画家・寅尾あかまるさんの『すごい歳の差夫婦の話』に登場する定年間近の男性は、まさに後者の人生を邁進していましたが、結婚という第二の人生を歩みはじめます。しかし、それと同時に周囲から好奇の目に晒されることに。

さて、その理由とは…?

すごい歳の差夫婦の話01
twitter.com@akafujipiyokoo1
すごい歳の差夫婦の話02
twitter.com@akafujipiyokoo1
すごい歳の差夫婦の話03
twitter.com@akafujipiyokoo1
すごい歳の差夫婦の話04
twitter.com@akafujipiyokoo1

そりゃ勘違いされるってば🤣

まさかの「年の差約500歳」カップルがここに爆誕(笑)!エリーさんの見た目のせいで、完全に尾見さんが犯罪臭漂う結婚に手を出したと勘違いしてしまいました。ごめんなさい。あなたの方がうんと年下だったんですね…。

ちなみに作者によると、尾見さんが18歳の時に怪我をしたエリーさんを助けたのがふたりの出会いなんだとか。しかし、エリーさんにしてみると当時の尾見さんは赤子同然(笑)だったので、60歳になるまで待ったという設定があるそうです。

エリーさんにしてみればまだまだ若輩者の尾見さんですが、見た目のせいで”超年下妻をもらった尾見さん”として、周囲からは誤解され続けるんでしょうね😅



また、作者の寅尾あかまるさんがTwitterに投稿している、他のオリジナル漫画もおすすめ!

以前グランドジャンプに読切掲載された『お局さんとグイグイ部下ちゃん』や、発売中のコミックスと併せて、お楽しみくださいね。
Twitter:寅尾あかまる(@akafujipiyokoo1)
書籍:私たちは恋を描けない
   ギリギリ漫画家夫婦の子育て奮闘記
   腐女子の幸せ

コメント1

  1. コメント師匠

    そっちの年の差はありえないけど、見た目と年齢がそぐわないw

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET