笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
AIが防災グッズを診断してくれる日赤のTwitter企画に参加してみた

AIが防災グッズを診断してくれる日赤のTwitter企画に参加してみた

災害や病気で苦しむ人々を救うべく、幅広い分野で活動を行っている団体「日本赤十字社」が、みんなで防災や減災について考えるキャンペーン「#あなたの備えがみんなの備えに」の一環として特別企画「#AIで防災グッズ点検」を実施。

「#AIで防災グッズ点検」では、なんと家庭にある防災グッズを写真に撮ってツイートすることで、AIが解析・診断してアドバイスしてくれるのだとか!この特別企画、非常に気になる...。

みんなの防災グッズをAIが診断!「#AIで防災グッズ点検」

aiで防災

こちらの特別企画には自身が備えている防災関連グッズを写真に撮り、ハッシュタグ「#AIで防災グッズ点検」「@JRCS_PR」を付けて、Twitterに投稿することで参加が可能。

また、「#あなたの備えがみんなの備えに」のハッシュタグをつけて投稿することで、1ツイートもしくはRTに付きなんと100円が賛同企業から日本赤十字社の防災・減災をはじめとする活動に寄付されることになっています!

防災グッズといっても何を用意するのが正解なのか、意外と判断がつかないことがあるので、この機能は自分の防災グッズを見直すのにいい機会になりそう。

そこで、筆者が自宅で備えている防災グッズを特別企画「#AIで防災グッズ点検」に参加し、実際にAIに診断してもらうことにしました!

「#AIで防災グッズ点検」に参加してみた

筆者が、この特別企画に参加しようとしていたところ、隣にいた同僚がこんな一言を。

同僚
「それ凄いね。また大きな災害が起こるかもしれないからさ、俺の家にもばっちりの備えがあるんだよ。ちょっと見てもらってもいいかな?」

そう言って、出してきた写真がこちら。
八百屋

同僚
「俺の家、一階に八百屋があるんだよ。何かあっても野菜には困らないからさ、実質備えと言っても過言じゃないよね。」

これは無理があるやろ・・・。

この人どうかしているなと思いました。八百屋を備えと言っている同僚は無視して、筆者の防災グッズで診断してみます。
おれ
これが筆者の防災かばん!

そしてその中身がこちら!
防災グッズおかし懐中電灯や救急用品、ポンチョにホイッスルなど、何かあったときのために備えた防災グッズを取り揃えました。また、簡単に食べることができる食料も用意。

筆者は関西出身で、幼少期に阪神・淡路大震災を経験していますし、その恐ろしさを両親等から聞いておりましたので、割と備えている方かなと自負していますが、AIはどんな診断をしてくれるのでしょうか。


しっかりと診断してくれた!
写真から何を備えているかを判断してくれたことに驚きました!期限のチェックや揃えておいたほうが良いもののアドバイスなど有益な情報を貰うことができたので、この意見を参考にして再度防災グッズを見直したいと思います!

「#あなたの備えがみんなの備えに」キャンペーン

また、すでに3月1日(月)から、みなさんの家庭や職場で取り組んでいる災害への備えに関する写真やテキストを募集する「#あなたの備えがみんなの備えに」キャンペーンを行っています。

https://youtu.be/quKds1IS1Jo

こちらのキャンペーンでも、「#あなたの備えがみんなの備えに」のハッシュタグをつけてツイートすることで、1ツイート・RTにつき100円が、賛同企業から日本赤十字社の防災・減災をはじめとする活動に寄付されるんです。つまり、あなたの投稿が災害に苦しむ多くの人々の未来を救うということ!

キャンペーンのハッシュタグを検索することで、他の方の防災に関するアイデアを知ることもできるので、ぜひ投稿をチェックしてみてください。

日本赤十字社のキャンペーンにみんなで参加しよう!

今回ご紹介したキャンペーンは、誰でも簡単に参加することができます。
投稿するだけで寄付ができますし、自分の防災意識を改めることにもつながります。ぜひ参加してみてください!

詳細はこちら
sekijyuujisha

■「#AIで防災グッズ点検」概要

【実施期間】
2021年3月8日(月)~3月31日(水)

【参加方法】
1.自分が備えている防災グッズを写真で撮り、「#AIで防災グッズ点検」「@JRCS_PR」をつけてTwitterに投稿
2.AIが写真を解析して防災に対するワンポイントアドバイスを返信
3.日本赤十字社のTwitter公式アカウントが投稿する「AIであなたの備えを診断してみよう!」のカンバセーショナルカードからも参加可能
※カンバセーショナルカードを押すと投稿画面に元画像が表示されるため、元画像の削除を忘れずに!

■「#あなたの備えがみんなの備えに」キャンペーン概要
【実施期間】
2021年3月1日(月)~3月31日(水)

【参加方法】
1.自分の災害の備えを写真やテキストにし、「#あなたの備えがみんなの備えに」のハッシュタグをつけてTwitterに投稿
2.「#あなたの備えがみんなの備えに」のハッシュタグがついた投稿をリツイートするだけでも参加可能
※引用リツイートする際は「#あなたの備えがみんなの備えに」のハッシュタグを忘れずに!
3.投稿内容は、テキストや写真のみでもOK
4.期間中は何度でもツイート可能
5.参加は無料
6.投稿及びリツイートで賛同企業から100円が日本赤十字社の防災・減災をはじめとする活動へ寄付されます

何かあってからでは遅い防災対策、この機会に見直しをしてみてください。備えあれば憂いなし!

提供:日本赤十字社
キャンペーン特設サイト:ACTION!防災・減災

コメント3

  1. 匿名希望

    我が家は、津波なし。地震が来てもマイホームの家全体がサイコロ形だから、ちょっとやちょっとでは、家が崩れず崩壊なし。
    ガスコンロ使用だから、火事&火の始末には、ノイローゼになりそうな位の気配りをしている。
    火は、とても怖いです。

    1. 中々篤い活動だな!未だ夏は来て無いけど

      災害対策は重要!だね。家に無いのは水かなぁ?、お茶とかジュースは在るけども。調味料や醤油類も有ったな、困った時生きてけ無いな!。以後気を付けます!。

  2. 中々篤い活動だな!未だ夏は来て無いけど

    災害対策は重要!だね。家に無いのは水かなぁ?、お茶とかジュースは在るけども。調味料や醤油類も有ったな、困った時生きてけ無いな!。以後気を付けます!。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET