笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【もっとやりすぎ いきもの図鑑 第3話】目が望遠鏡な「ボウエンギョ」

arrow_back 前の話エピソード一覧次の話 arrow_forward
自然界には私たち人間がアッと驚くような進化を遂げた動物たちが盛りだくさんです!

今回はそんなやりすぎな進化を遂げた動物たちをまとめた動物図鑑「もっとやりすぎ いきもの図鑑」(宝島社)から、不思議な生態を持つ生き物をちょっとだけご紹介します!

目が望遠鏡になってしまった深海魚ボウエンギョ

□名前 ボウエンギョ
□分類 魚類ボウエンギョ
□生息地 世界各地の深海
□大きさ 前長22cm
タップ/クリックで拡大!テキストは画像の下にもあります。

『もっとやりすぎ いきもの図鑑』(宝島社)

いくら深海だからって、目を望遠鏡にしなくても、と思いたくなる、ボウエンギョ。
子どもの頃は比較的浅い海で過ごし、普通の目をしています。しかし、大人になるにつれて望遠の目になります。

成長すると500mから3000mを超える深海で過ごします。そして、この目で、わずかな光や獲物が発する光を捉え、獲物を見つけます。
学者の中には、体を縦にして、目を上に向け、上にいる獲物を狙っていると考える人もいます。どちらにしても、深く暗い海でも、しっかり獲物を捉える目なのです。

深海には変わった見た目の生き物が多いことは知っていましたが、望遠鏡の目を持つ魚がいるとは、驚きました。こんなに優れた目があれば、どんなに暗い深海でも、食べ物に困ることはなさそうですね。

それにしても、ボウエンギョが体を縦にして泳いでいる姿を想像すると、ちょっとしたホラーですね。面白いけれど、少し怖いです。実際に出くわしたら叫んでしまいそうです。

さて、今回ご紹介したボウエンギョをはじめに「もっとやりすぎ いきもの図鑑」ではたくさんのやりすぎな生き物が収録されています!

ぜひ書籍も手に取ってみてくださいね♪
↓「やりすぎな生き物」がもっと気になる方は書籍から!↓

『もっとやりすぎ いきもの図鑑』(宝島社)
宝島社:『もっとやりすぎ いきもの図鑑』

arrow_back 前の話エピソード一覧次の話 arrow_forward

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET