笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【オチにズコーッ!】夫婦で出身校が違うのに「校歌が全く同じ」だった話

校風や学校の理念を盛り込んで作成された校歌。何度も何度も繰り返し歌ったあの響きを、今でもよく覚えているという方は多いのではないでしょうか。インスタグラムで活躍されるはなうささんは先日「校歌を歌ったらびっくりしたこと」に関する漫画を公開されました。

あらすじ

ある日、テレビで甲子園を見ている最中に「校歌って覚えてる?」とはなうささんに尋ねてきた旦那さん。

旦那さん「校歌って覚えてる?」 提供:はなうささん

「6年間歌っていたから、小学校のは覚えているよ!」と、意気揚々と歌い出したはなうささんですが、なぜか旦那さんも同様の歌を歌い出したそうで…。

はなうささん「小学校のは覚えているよ!」 提供:はなうささん

本編を読む

校歌に関する記憶違いを描いたこの漫画には「私も一瞬『え!?』と思った」「笑いました」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者のはなうさ(@hanausagimama)さんにお話を伺いました。

――この漫画を描かれたきっかけはなんでしたか?

はなうささん:たまたま甲子園を一緒に観ていた旦那と校歌を覚えているかという話になりました。私が張り切って歌ったのが「〇〇の歌」だとわかり、色々衝撃的だったので漫画にしてみました。

――旦那さんが歌に乗っかってきた時の心境を教えてください。

はなうささん:旦那とは地元も年齢も違うので一瞬、世界線歪んだのかと思いました。

――この漫画の反響には、どういった声がありましたか?

はなうささん:私以外にも〇〇の歌=校歌だと記憶がすり替わっている方や、むしろ〇〇は校歌と言い切っている方までいて、私も全く同意です笑

 

記憶違いをしてしまった結果、世界線の歪みまでを疑うことになってしまったはなうささん。みなさんは、学校の校歌を詳しく覚えていますか?

作品提供・取材協力:はなうさ
ブログ:ママはアパレル販売員

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET