笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

子供たちの《トイレ暴虐あるある》に経験者「全部わかりすぎる…」

日常の中で唯一自分のプライバシーが完全に保たれる憩いの場、トイレ…ですが、小さな子供がいる家庭ではそんなトイレすらも修羅場と化してしまうようです。

インスタグラムで活躍されるぼめそさんは先日「私が無になれた場所」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

生活を送る上で、トイレだけが唯一自身の気持ちを落ち着ける場所だったと語るぼめそさん。子供たちが歩き回れるようになるにつれて、トイレはただの「集いの場」になってしまったのだとか…。

今はただの集いの場。提供:ぼめそさん

「突然のウォシュレット」「出先で勝手に扉をオープン」などなど、子供×トイレの悲しい「あるある」の数々を、計5つご紹介しています。

突然のウォシュレット。提供:ぼめそさん

本編を読む

子供がいる家庭の騒がしさを、トイレという視点から描いたこの漫画。子供たちがトイレに集まってしまう理由や、フォロワーさんの反応について投稿者のぼめそ(@bomesodays)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――子供たちがトイレに集まる理由はなんだと思いますか?

ぼめそさん:トイレに集まるんじゃなくて、逆に何かしらの力でトイレに弾き飛ばされてきたんじゃないですかね……(白目)

――数あるトイレ中のいたずらの中で一番「これだけはやめてくれ」と思うのもはなんですか?

ぼめそさん:トイレットペーパーをホルダーから取り出して丸々トイレにぶち込む事。悪意しか感じられなかったです。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

ぼめそさん:同世代の子供がいるママからは共感&試着室でも勝手に開けられるなどのあるあるの共有、まだ月齢の小さい子供をもつママからは、これから同じことがおこると思うと怖い。とのことです!

各家庭から、たくさんの被害報告が寄せられたようですね…子育ての大変さと面白さがたくさん詰まった投稿でした😊

作品提供・取材協力:ぼめそ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET