北の大地に異変?! 北海道のゆるキャラが「奇怪な方向」に行ってる件について

北の大地に異変?! 北海道のゆるキャラが「奇怪な方向」に行ってる件について

みなさん、ゆるキャラと言えばかの有名な「くまモン」や、2015年グランプリを獲った「出世大名家康くん」など、可愛くて親しみやすいキャラクターというイメージですよね。

しかし、日本の先端北海道では、その常識は通用しないようなんです。というのは、見たら子どもが泣いてしまいそうな、不気味な「ゆるキャラ」がたくさん存在しているからなんです・・・。
今回はそのなかでも特に不気味な「ゆるキャラ」たちをご紹介します!

何にでも噛み付きます

テレビに出ることもあり、比較的有名な「メロン熊」。見れば見るほど怖い顔しています!メロン熊の特徴は、すぐにその大きな口で人の頭を噛んじゃうこと。こんなのに噛まれたら、大人でも泣いちゃいます!

何ぶらさげてるの?!

ひぃいいい!縫い傷にズレた目。体のあちこちから何か出ていますヾ(li゜ω`)ノ
このキャラクターは「ゾンベアー」。ゾンビと熊(ベアー)の掛け合いだそうで・・・。追っかけられたら、ちびっちゃいそう。

目の焦点が合ってない

市民投票で北斗市のゆるキャラ第1位に選ばれた「ずっしーほっきー」。ホッキ貝をイメージしているそうですが、目が・・・。これを1位に選んじゃう市民のみなさん、かなりロックです。

ダジャレ・・・?

この怪しい男性、時計台ならぬ「時計GUY」。このキャラクターもすぐに人に噛み付きます。北海道のゆるキャラって噛み付くの好きなんですか?

もはや全然ゆるくないぞ!

奇抜な肌色のこのキャラクターは北海道紋別市のゆるキャラ「もんべもん」。はるか昔に紋別の守護獣として生息していたが、ひょんなことからオホーツクの海底で仮死状態に。地球温暖化により目覚め、現代の紋別に上陸して大騒ぎ・・・という設定なんだそう。

一瞬普通な気がしたけど気のせい

北海道函館市のゆるキャラ、その名も「イカール」。はい、こちらイカです。宇宙からの侵略者だそう。人の足が見えるところがチャームポイントです♪

気づいたらヤツがいた

見つめられるとゾクっとしちゃう目力の持ち主「まんべくん」。やめて、見ないで、こっち来ないで!!

う〜んどれもちょっと不気味です!北海道のゆるキャラたちは、一体どこへ向かっているんでしょうか(;´▽`)

クレイジーピンク

Editor

ぴんく

ついに仮面を脱ぐ時が・・・!
想像と違っててごめんなさい!