CuRAZY [クレイジー]
より良い暇つぶしを届けるメディア
【障害者を描くのに感動は必須か?】NHKが「24時間テレビ」放送中に討論番組放送

【障害者を描くのに感動は必須か?】NHKが「24時間テレビ」放送中に討論番組放送

「愛は地球を救う」がキャッチフレーズのチャリティー番組「24時間テレビ」。障害のある人が出演し、チャレンジを行うのが定番となっています。今年は網膜剥離になった先生を描いたドラマ「盲目のヨシノリ先生」や、スマホを使ったチャリティー活動が行われる予定です。39回目となる今年は8月27日、28日に放送されます。

01
ntv.co.jp

そんな「24時間テレビ」に、NHK Eテレが挑戦状を叩きつけてると話題になっています。

「24時間テレビ」がフィナーレを迎える28日19時、NHK Eテレで障害者のための情報バラエティー番組「バリバラ」が放送されます。この日のテーマは「検証!『障害者×感動』の方程式」!

「なぜ世の中には、感動・頑張る障害者像があふれるのか?」その謎を検証し、スタジオでは「障害者を描くのに感動は必須か?」「チャリティー以外の番組に障害者が出演する方法は?」などのテーマに、生放送で討論を行う予定です。

02
www6.nhk.or.jp

障害者を可哀想な人という扱いをしていると批判されがちな「24時間テレビ」。そんな「24時間テレビ」のテーマを真っ向なら疑問視する内容に、ネット上では共感が広がっています。

「24時間テレビ」と「バリバラ」、2つの番組を見比べて、自らの考えを整理するのもいいかもしれませんね。

コメントする

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET