動物を撮りたかった・・・ 森にカメラを設置したら何故か「野生の全裸男」をキャッチ

動物を撮りたかった・・・ 森にカメラを設置したら何故か「野生のオッサン」をキャッチ

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

警戒心の強い野生動物を撮影するために、研究者が森に赤外線カメラを設置したところ、予想外の動物が撮影されました。

そのカメラを設置したのは、バージニア工科大学の准教授マルセラ・J・ケリーさん。

動物を撮りたかった・・・ 森にカメラを設置したら何故か「野生の全裸男」をキャッチ
facebook.com

ケリーさんは、森に固定カメラを設置し、野生のクマやヤマネコ、野鳥などを観測する活動をしているのですが、このたびとんでもない動物がカメラに映り込んだのです。

ケリーさんが観測に使うカメラは、木々などに固定しておくと、周囲で動く物体を感知し、その姿を自動で記録してくれるという観測用のカメラ。夜間でも赤外線カメラによって動物たちの姿を映しだすことが出来る優れもので、過去にはたくさんの動物たちの姿を撮影しています。

その日も、どんな野生動物が映っているのか、ケリーさんが映像をチェックしたところとんでもないものが映っていました。
それが、こちら!

動物を撮りたかった・・・ 森にカメラを設置したら何故か「野生の全裸男」をキャッチ
twitter.com@marcellajkelly

動物を撮りたかった・・・ 森にカメラを設置したら何故か「野生の全裸男」をキャッチ
twitter.com@marcellajkelly

そう!映っていたのは、四足歩行でカメラの前を走り去る、全裸のオッサン!!

ケリーさんは、「森に設置してあったカメラに、こんな霊長類が映っていました。他の画像はアレがもっと鮮明に映っていたけど・・・それは投稿しないでおきます。もちろん、こんなのは初めてです。」とコメントしています。

この「野生のオッサン」にSNSは大盛り上がり、シェアされてついに日本にまでまわって来てしまいました・・・。

色んな憶測が出てますね。
果たして、彼の正体は妖精なのか?それともオオカミに育てられた人間なのか、それとも・・・。

サイトー

ライター

サイトー

ガムテープは布派!サイトーです。twitter.com@CuRAZYsa

元不動産会社勤務。4年勤務したのち、2年間の自由業を経て、今年の1月よりクレイジーでライターとして勤務。