CuRAZY [クレイジー]
より良い暇つぶしを届けるメディア
「グーとパーで二手に分かれるやつ」最もメジャーなのは「グッとパーでわかれましょ」

「グーとパーで二手に分かれるやつ」最もメジャーなのは「グッとパーでわかれましょ」

皆さんは子どもの頃、2チームに分かれなければならない時、どんな掛け声を使いましたか?「グッとパ」や「グッとパーで別れましょ」という掛け声ととともにグーとパーを出し合って、2チームに分かれたのではないでしょうか。

でも、この掛け声、地域や学校によって全然違うんです。

千葉県出身のこーんの場合はこう。
「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

「グッとパーで別れましょ」

生まれはサンフランシスコで、幼少期は愛知県で過ごしたとか言う、ますたんぐ。
「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

「グッとパーでそーろい」

グンマーのイラストレーター、ダーヤマ。
IMG_5760_R

「グッパ」

東京都板橋区の女、ぴんく。※本人の希望により画像に一部加工を施しています。
「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

「グッパーでわかれましょ」

 

そして、埼玉出身の筆者サイトーはというと。

「ぐっとー、ぐとぐと、グッとっパ」・・・。

 

そう。間違いなく小学校の時、「ぐっとー、ぐとぐと、グッとっパ」を使っていたんです。しかし、周囲の反応はというと、そんな言い方聞いたことがないとのこと。
この掛け声が地域によって異なること自体は知っていましたが、同じ関東の東京・千葉・埼玉・群馬でこんなに違うとは。そこで、ネットで掛け声のアンケートをとってみました。

すると、出るわ出るわ様々な掛け声。地域別ではなく学校単位でも掛け声が違うようなので、集計したものを掛け声のタイプ別に分類してみました。

グーパー型

グー、パーともに長音符号で伸ばすパターン。言葉の切れが悪く、タイミングを合わせにくいためか、そのまま「グーパー」で使用することは少なく、語尾に言葉を付けることが多い模様。

「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

グッパ型

「グッパ」と最も短い掛け声。掛け声が短いからか、基本の「グッパ」とともに「グッパでほい」とタイミングを調整しやすい掛け声も多く見られた。

「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

グッパー型

パーのみ伸ばす型。「グッパー」だけで使用することは少ないようで、語尾に言葉を追加することが多い。最も多かったのは「グッパージャス」。

「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

グーとパー型

グーとパーの間に「と」を挿入するパターン。最後のパを伸ばさないパターンは基本となる「グッとパ」で使用することが多く、パーを伸ばして発音する場合は、語尾に言葉を追加することが多い。グーとパーを共に伸ばしたうえで「と」を挿入するパターンも少数ながら確認できた。

「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

その他

これらは、上記のどれにも当たらないパターン。グーとパーではなくグーとチョキを使用するパターンや、手の平と手の甲で二手に分けるパターンも確認された。また「パンチョス」「いっせのがせ」など、グーとパーを使用するものの掛け声にはグーとパーを使用しないものもあった。

「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

チョキ使用パターン

「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

裏表パターン

「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

特殊パターン

「グーとパーで二手に分かれるやつ」全国アンケートで分類分けしてみた

アンケート総数約400件の中には、今回紹介したもの以外にも多数の掛け声が挙がり、いかに地域や学校単位で独自の掛け声を使用しているかが判明しました。

そして、最もメジャーだった掛け声はというと。

「グッとパーで別れましょ」

でした!北は北海道から南は沖縄まで広く使われているようです。

しかし、筆者が子ども時代に使っていた「ぐっとーぐとぐとグッとパ」を使っていたという人は現れず・・・。知っている方からのご意見をお待ちしています。

 

サイトー

ライター

サイトー

タイに旅行に行って、ボラれました。去年に続き2年連続!
twitter.com@CuRAZYsa

コメントする

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET