笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
なにもやましいことはありません!見逃すことができなかった職質エピソード 10選

なにもやましいことはありません!見逃すことができなかった職質エピソード 10選

みなさんは学生時代などに夜遅くまで遊んでしまい警察から職務質問を受けたことはありますか?そんな時特にやましいことはないはずなのに何だかちょっぴりドキドキしてしまいますよね。今回は、そんな職質に関するエピソードをご紹介いたします。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.

 

コメント(5)

  1. 三男の母

    痩せてて顔色悪い大学生の三男が初めて受けた職質は金澤の片町をうろうろしていた時。がんで余命が数ヶ月であろう父親が手術したので電車に6時間揺られて父の日に見舞いに行った。夜やっとついた金沢でお腹ぺこぺこで回転寿司探してキョロキョロしてたので、ドラッグ買おうとしてると疑われた。直ぐに疑い晴れ、質問終わってから、お巡りさんに、すみません、回転寿司への道教えてください、と懇願したそうな。気の毒。

  2. 名無しさん

    男性しか、職質受けないのかな?

    1. 名無しさん

      んなわけねーだろ。
      「職質 女」で検索してみ。

    2. 名無し

      基本男の方が犯罪率高いからね…
      仕方ないよ

  3. 名無しさん

    学生時代、飲んで夜中に帰宅。古い民家だった実家で、玄関の鍵が掛かっていたので、二階の自分の部屋まで外からよじ登ろうとしたら、門から職質に合う。家族がなかなか起きてくれなかったので、近所迷惑になるからと連れて行かれそうになって、祖母が玄関を開けてくれて事なきを得た。

コメントする

※記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET