笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
赤ちゃんを産んだママへ送るためになる5つのお話

赤ちゃんを産んだママへ送るためになる5つのお話

ママたちにとって子育ては手探りの連続で色んな場面で悩んでしまうことは多いはずです。今回は、そんなときにためになる子育てのアドバイスをご紹介します。

1.


2.


3.


4.


5.

 

コメント(5)

  1. 名無しさん

    2番は個人差もあるんじゃないのかなぁ…?
    3.4ヶ月の頃は泣くわ喚くわでお出掛けなんてほぼ不可能だったうちの子は、9ヶ月の今はお利口さんでお出掛けに付き合ってくれる。成長するにしたがって段々外出しやすくなってるよ。
    10ヶ月過ぎたらこのツイートが身に染みるようになるのだろうか…?

  2. 名無しさん

    確かに2はお子次第かも。

    我が家の上の子はいきなり容赦なく泣くし、フードコートが精一杯だったけど、下の子は自分のおなかさえ満たしてたらグーグー寝てたので、動く前に鉄板モノ行っとけと思って焼き肉食べに行っといて本気でよかったと思ってる。

    1歳8ヶ月の今、とてもじゃないけど、鉄板も鍋も厳禁な危険男児に成長…。
    幼稚園行ったら旦那と焼き肉ランチに行くのを心の支えにしてるよ。

  3. 名無しさん

    抱き癖はあるよ。真に受けてずっと抱っこしてたら2歳過ぎてもずっと抱っこの子になり、一般的な子の三倍くらいは抱っこし続けて育てるハメになったわ。でも、その代わり?超幸せな思い出だし、愛情に満ちた超良い子に育ったと自信満々に言いたい。

  4. 名無しさん

    2は子供次第だけど、動きだして離乳食も始まって・・・って頃よりは、
    寝返りも出来ない泣くしか出来ない2、3ヶ月の方が外食は楽に出来た
    物理的に動けないからね
    泣きさえしなければね・・・

    1才過ぎる頃には、どっちかが抱いて押さえてないと外食は無理だったな

  5. 名無しさん

    3関係なくね?

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET