笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
「最高の上司」が心がける4つの習慣に納得!でもそれを実践するようになった理由に同情…

「最高の上司」が心がける4つの習慣に納得!でもそれを実践するようになった理由に同情…

社会人として生きていく上で、上司との相性の良し悪しというのはかなり重要なポイント。もちろん、その他にも大切なことは多々ありますが、特にこの点に関する限り、Twitterユーザーのウナギ(ニョロンさんは運が良かったと言えそうです。

①失敗を叱らない
②説明は解るまで何度もする
③ミスの犯人捜しをしない
④すべての部下と対等に話す

ウナギ(ニョロンさんが日頃「神」と慕う直属の上司は、以上4つを徹底している方なんだそう。こんな理想的な上司に恵まれ、さぞかし働きやすい職場なのだろうと思いきや――その方針の「来歴」を知るウナギ(ニョロンさんの心境は、かなり複雑そうです。

「上司の理想的な指導方針は、自分自身が受けた理不尽の裏返しだったのではないか」

ウナギ(ニョロンさんは状況をそのように推察します。たしかに、2人の上司の特徴は、見事なまでに正反対。これまで背負ってきたであろう苦労を想像すると、本当に頭が下がります...。

ウナギ(ニョロンさんも、優しい上司の存在に感謝しつつ、その境遇には同情を隠せない様子。

「嫌な上司」は世の中どこにでもいるものですが、自分が受けた理不尽を部下にぶつけてしまったのでは、社内にイライラが伝染していくだけ――ウナギ(ニョロンさんの上司のように、こうした悪循環を止められる人物こそ、リーダーには相応しいのかもしれません。

コメント1

  1. まろ

    ①失敗を叱らない
    ②説明は解るまで何度もする
    ③ミスの犯人捜しをしない
    ④すべての部下と対等に話す

    以上のことは子育てと同じだと思いコメントさせていただきました。
    上司は部下を育てるため、
    親は子を育てるための教訓ですね。
    ④は”全ての部下”でなく、”子ども”と対等にになりますが。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET