笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
日本は、義理チョコをやめよう。GODIVAの提案に「義理チョコ代表」の反応は?!

日本は、義理チョコをやめよう。GODIVAの提案に「義理チョコ代表」の反応は?!

2月の一大イベントといえば、何といってもバレンタイン!

毎年2月14日は、大切な人への想いを伝える「絶好のチャンス」と言えますが、その一方で、同僚や上司に対する「義理チョコ」の準備にわずらわしさを感じている人も多いのではないでしょうか?

さて、チョコレートメーカーのGODIVAはとある広告を通し、女性たちのそんな正直な声を、包み隠さず代弁してくれています。Twitter上で多数の賛同を得た、その広告がこちら!

スクリーンショット 2018-02-05 17.20.31

「日本は、義理チョコをやめよう。」チョコレートメーカーらしからぬ、そんな衝撃的なキャッチコピーからGODIVAの提案は始まります。

スクリーンショット 2018-02-05 17.15.48

「そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。社内の人間関係を調整する日ではない。」バレンタインの本質に立ち返って、わずらわしい風潮をバッサリと斬るGODIVA。

スクリーンショット 2018-02-05 17.16.00

「愛してる。好きです。本当にありがとう。そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。」そして提案は、こんな言葉で結ばれています。

スクリーンショット 2018-02-05 17.20.40

こうしたGODIVAの声に呼応して、Twitter上ではこんな声が上がっています!

「義理チョコのために、世の中の女性が無理をする必要はない」というGODIVAの心遣いに、男女を問わず共感する人が続出しているようですね。

 

・・・

 

一方、これに対して、「一目で義理とわかるチョコ」のキャッチコピーでお馴染みのブラックサンダーは、公式Twitterでこんなことを呟いています。

よそはよそ、うちはうち!(笑)

独自路線で勝負を仕掛けるブレない姿勢はさすがです!儀礼や社交辞令としてではなく、本心として「日頃の感謝」を伝えたいときには、ブラックサンダーはうってつけのチョコなのかもしれませんね。

しかし、なにはともあれ、GODIVAもブラックサンダーも「バレンタインを楽しんで欲しい!」という想いは共通している様子。考え方は様々ですが、今年もどうぞ、あなたらしいバレンタインをお過ごしください!

 

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET