笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
文字が書けなかった私と、おばあちゃん先生の猛特訓。エッセイ漫画「私の大好きな先生」がじんわりくる

文字が書けなかった私と、おばあちゃん先生の猛特訓。エッセイ漫画「私の大好きな先生」がじんわりくる

良くも悪くも、子供たちの人生に大きな影響を与える「学校の先生」

そんな「学校の先生」にまつわるこちらの漫画が、先ごろTwitter上で話題になりました。

DpYuyM6U0AADxO3_Rtwitter.com@rikukamehameha

DpYuy3GUwAEDfg5_Rtwitter.com@rikukamehameha

3_Rtwitter.com@rikukamehameha

4_Rtwitter.com@rikukamehameha

5_Rtwitter.com@rikukamehameha

6_Rtwitter.com@rikukamehameha

「私の大好きな先生~小学1年生編」と題されたこちらの漫画は、投稿者であるさんの実体験を描いたもの。明さんはこちらの作品で、小学1年生の頃の「先生との思い出」を温かい眼差しで振り返っています。

さて、なんだか色んなことを思い出させてくれるこちらの作品に対し、周囲の人からはこんなコメントが寄せられました。

自分の性質に合った先生との出会いは、ほんとうに、何物にも代えがたいですね。

コメント5

  1. 名無しさん

    いい先生…
    今だったら問題になっちゃうのかな…
    人生において、あらゆる意味でこの人を創った体験だよね
    努力する大切さとかもそうだけど、この胸の中に大切にある記憶自体が、糧になってると思う。

  2. 趣味手裏剣集め

    仰げば尊とし我が師の恩、やな、、、、

  3. 名無しさん

    泣いた
    これこそ「先生」だ
    愛と強さに溢れてる生徒思いの先生だ

  4. もぁ✾

    まさに先生!
    けれど、今だと一人だけ残してしまうと問題になりますね…

  5. 名無しさん

    私も1年生の頃の先生に沢山の事を学びました。
    勉強だけでなく『周りの人と動きを合わせる事の大切さ』や、『人の感情を目線や動きで見る事』を教わりました。
    当時は知らなかったのですが、大人になってから、私の発達障害が発覚し、先生の教えがとても役立っていました。
    すっごく厳しい先生でしたが、とっても大切な先生でした。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET