笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

お笑い芸人に俺はなる!今流行りのTikTokで「クレイジーM-1グランプリ」開いてみた

漫才の頂点を決めるお笑いコンテスト「M-1 グランプリ」。このコンテストでお笑い界を引っ張る存在が何組も誕生するなど日本中で注目されています。そんなM-1 グランプリ、今年も生放送され「霜降り明星」が優勝で幕を閉じましたが、今回初の試みとして、いま若者の間で話題沸騰しているアプリ「TikTok」とのコラボが実現したんです!
Screenshot_20181126-125009_R

その名も「だれでもM-1チャレンジ」。M-1ならではの音楽に合わせて踊る「全力M-1チャレンジ」やM-1出場芸人達のネタにボケツッコミができる「相方チャレンジ」でお笑い芸人になった気分になれるのです。

でも、これってハードル高くないですか・・・?がしかし、そこで怖気づかないのが我々クレイジー編集部スタッフ。何事にも全力で取り組んできた編集部スタッフたちを集めて、「クレイジー対抗M-1グランプリ」を開催!あたたかーい目でご覧ください。

クレイジー対抗!だれでもM-1グランプリ

と、いうことで早速社内の仲間を呼んで、TikTok動画を撮ってみることに!今回、全員男メンバーで「だれでもM-1チャレンジ」に挑戦。

takahasi_Rまずは「たかはし&ますたんぐ」。普段社内でも仲の良い2人が、M-1でお馴染みの出囃子(でばやし)を使って動画を撮ってくれました。

音楽に合わせて、馬とびをするという少年のような2人。最後はクレイジーのロゴを指差しして宣伝フィニッシュ。なんとも仲睦まじい動画になりました。

da-yama_Rお次はダーヤマ。新進気鋭の画家みたいな恰好をしていますが、相方チャレンジで「相席スタート」山添さんの役を演じました。

・・・。
なにも言葉が出てきません。可もなく不可もなくといった感じで、とにかく普通。まさにベストオブノーマル。

saito- (1)_R次はサイトーさん。自身の名前、サイトーにかけてトレンディエンジェルの齋藤さんを真似する!と豪語し、やる気は十分。これは期待がかかります。

いや、せこっ!
まさかの自分でやらない。いつも人に散々やらせるくせに、子どもを使うなんてズルすぎます。そりゃあかわいいですけど・・・。これはさすがに審議ですね。

tk5_Rエントリーナンバー4けーご。髪をシルバーに染めたことから芸人感が増しています。ジャルジャルさんのお馴染みネタ、ピンポンパンゲームをやってくれました。

上手いなおい!
もともとTikTokユーザーだったからか、撮り方を分かってます。タイミングもばっちりでほぼ完璧といった感じ。いけ好かない野郎ですねえ。

ichimaru_R最後は筆者、イチマル。

以上、クレイジーM-1グランプリでした!みなさんはどのメンバーが一番良かったと思いますか。コメントお待ちしております。筆者のは見なかったことにしても構いません。

みんなでM-1グランプリ開催しよう!

今回の動画はアプリ「TikTok」をダウンロードすることで、チャレンジすることができます。また昨日14代チャンピオンとなった霜降り明星の優勝ネタができる「相方チャレンジ」も配信されていますので挑戦してみてください。相方チャレンジ動画_R
皆さんも「TikTok」でM-1グランプリに出場した気分を味わってみませんか。すべりまくっても保証はしませんが・・・(笑)。

さらに現在TikTok内で、今年決勝に出場が決定したファイナリストたちの限定動画が、12月8日(土)18時までの期間限定で公開されています。「だれでもM-1チャレンジ」に挑戦する合間にぜひチェックしてみてください。

TikTokはこちらから!

図2

app g

提供:TikTok 

コメント2

  1. 名無しさん

    最近平田くんが出ない…

    1. イチマル
      イチマル

      次回は必ず出させます!

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET