笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
本当にあった怖い話~非幽霊系~ 第二弾「深夜に現れた泥棒の正体は・・・」

本当にあった怖い話~非幽霊系~ 第二弾「深夜に現れた泥棒の正体は・・・」

全三回にわたってご紹介している漫画「本当にあった怖い話~非幽霊系~」。今回は二回目です。
石川県にお住まいの対人恐怖症をこじらせた主婦さんからのエピソードをご紹介します。

泥棒と鉢合わせ。その正体がまさかの人物・・・。

mano_01_R
mano_02_R
mano_03_R

なんと泥棒の正体は義姉。最初は気付かれない程度のお金をこっそり拝借していましたが、徐々に犯行が大胆になって今回の騒ぎに至ったそう。幸い警察沙汰にはならなかったようですが、もし犯人が身内の人間ではなく知らない人だったら・・・と考えると恐ろしいですよね。

今回のような場合も、ソニーのスマートホームサービスMANOMA(マノマ)があれば一度目の侵入から防ぐことができます!
※MANOMAの概要は前回の記事でご紹介しています。『本当にあった怖い話~非幽霊系~ 第一弾「留守番していた娘がベランダから転落」

もしも、MANOMAがあったら

MANOMAがあれば、「Qrio Lock」のオートロック機能が働いて、鍵の閉め忘れに気づかず玄関から侵入されるという事態にはなりません。
ma_R

これで今回の義姉侵入事件だけでなく空き巣も防ぐことができそうですね!

窓を割ったり、鍵穴に細工をしたりして侵入してきた泥棒がいた場合は、開閉センサーが検知、大音量の警告音を再生&スマホアプリに異常検知を知らせる通知を配信します。さらに、セコム駆けつけサービスを要請することもできるんです!これなら外出中もセキュリティ対策バッチリです。
※「セコム駆けつけサービス」のご利用には別途セコムとの契約が必要です。
※ご自宅内の異常を確認するサービスではないため、ご自宅の鍵はお預かりしません。

MANOMAの詳細はこちら
manoma_R

暮らしに安心と安全を提供するスマートホームサービスMANOMA。
次回は最終回です!

公式サイト:MANOMA(マノマ)
提供元:ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

 

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET