笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

四十九日にやってきた「迷い猫」に、母の面影が重なって…温かな後悔に涙

大切な人を亡くした時に新しい生命との出会いがあると、「もしかするとその人の生まれ変わりでは?」と、普段信心深くない人であっても、僅かな期待をしてしまうのではないでしょうか?
かっく

過去のご紹介記事はコチラ↓
顔の無い神様と婚約したら「顔がなくてもイケメン」で、予想外の展開に…
可愛さMAXの「体育会系男子の寮母さん」が最強だった件
ある映画館に立ち寄った女性の物語のオチが切ない…

そんな人のほのかな期待を描いた、漫画家・みやこかっくさんの『猫と子と母』をどうぞご覧ください。



twitter.com@cak221

twitter.com@cak221

twitter.com@cak221


twitter.com@cak221

親子だからといって必ず相性が良いというものでもなく、血のつながりがあるだけにお互い遠慮がなく、関係を拗らせてしまう家族も少なくありません。

この女性も関係を拗らせたまま母親を見送ることになり、冷めていると思っていても、心のどこかでどうにか母との関係を修復したい気持ちがあったのではないでしょうか?

そんな行き場を失った彼女の想いの受け皿として、やって来たのがこの子猫なのだとしたら、お母さんの生まれ変わりではないにしろ、やはり運命を感じざるを得ませんね。

作者のみやこかっくさんの短編作品集『乙女の群像』が、現在好評発売中です!

また、Twitterのモーメントpixivでも短編作品がまとめて読めるので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

Twitter:かっく(@cak221)
pixiv:かっく@創作
HP:M Y K C A K
書籍:きつね美女とぶこつ猟師
あくまで君の天使になりたい
乙女の群像 みやこかっく作品集

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET