笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

元奴隷少女が知ってしまった「豪邸の使用人の秘密」に胸がギュッてなった…

以前、第1話をご紹介した鉢谷くじらさんの『親に売られた私の幸せな家族』。

悪名高い大金持ちに買われた奴隷のソフィアは、いったいどんな酷い扱いを受けるのかと警戒していましたが、実際に屋敷に行ってみれば、そこには今まで体験したことのないような優しい時間が流れていたのでした。

鉢谷くじら

過去のご紹介記事はコチラ↓
優しいオチに涙。親に売られた少女が見た「悪名高い大金持ち」の素顔とは?
「推しと同じサークル」に入った女子大生の心臓が、卒業まで持ちそうにない…。
【胸キュン】同じサークルのイケメン男子が、どう見ても「推し配信者」なんですが…

今回はそんなソフィアが屋敷で仕事を始める第2話をご紹介します!

教育係としてソフィアと一緒に行動することになった先輩のトマ。しかし、彼は"特殊な体質"の持ち主だったようです。

早速本編を楽しみたい方はコチラ!↓↓↓
『親に売られた私の幸せな家族』を読む

あらすじ


twitter.com@kujira_b

奴隷としてオルドリッジ家の主人に買われたソフィア。噂では「サディストの変態」と囁かれていたウィリアムですが、実際はソフィアのことをいろいろと気に掛けてくれる優しい人物でした。

そして、ソフィアは彼が本当に善人なのか見極めるため、オルドリッジ家の使用人として働くことにします。


twitter.com@kujira_b

使用人デビューの日。ソフィアとウィリアムが支度に苦戦していると、他の使用人たちが様子を見にやってきました。

2人は支度の手を止めてウィリアムは彼らをソフィアに紹介するのですが、その中でも一番幼い少年・トマが教育係だと言うのです。


twitter.com@kujira_b

自分よりも幼い先輩や初仕事に戸惑いつつも、ソフィアは彼に言われたとおりに使用人として家事をこなして行きます。

そうしているうちにいつしか日は落ち、ソフィアとトマは夕飯を食べるためテーブルに並びます。


twitter.com@kujira_b

雑談をしたり、お互いの好物を交換したりと、楽しい時間を過ごす二人。

しかし、トマが不意に放った「"明日の僕"とも交換してくれますか?」の言葉に、ソフィアは「今日と明日で何が変わるんだ」と考えを巡らせるのでした。

トマの放った"明日の僕"とはどういう意味なのか?真相が気になった人はぜひ本編を読んで確認してみてくださいね。

今回ご紹介した作品『親に売られた私の幸せな家族』は作者・鉢谷くじらさんのTwitterpixivでまとめられているので、1話からまとめて読みたい人はそちらもチェックしてみてくださいね!

『親に売られた私の幸せな家族』を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET