笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

ごっこ遊び苦手ママが《歌のお姉さん》を「本気で熱演」してみた結果…

子供とごっこ遊びをしているときに、なかなか役になりきるためのスイッチが入れられずに子供に怒られてしまう…なんて経験をしたことがある方はいませんか? インスタグラムで活躍される月村 おはぎさんは先日「私は私のままで」というタイトルの漫画を公開されました。

あらすじ

どちらかというとテンション低めで、役になりきらないといけないごっこ遊びがちょっぴり苦手だという月村 おはぎさん。しかし先日「なぜか超テンションが高い日」が訪れたそうで…。

ごっこ遊びが苦手。提供:月村 おはぎさん

いつもと違うテンションで、明るく楽しそうな役柄を演じ切る母…その姿を見た娘ちゃんはというと…?

テンションが高い母。提供:月村 おはぎさん

本編を読む

テンションの切り替えの難しさを描いたこの漫画には「笑いました」「私もごっこ遊び苦手です」などのコメントが寄せられました。

インタビュー

投稿者の月村 おはぎ(@ohagichang1)さんにお話を伺いました。

――その日はなぜテンションが高かったのでしょうか?

月村 おはぎさん:自分でもよくわからないのですが、疲れが溜まっていたからかな?と思います(笑)

――娘ちゃんにガチ泣きされてしまった時の心境を教えてください。

月村 おはぎさん:「え?…え?そんな泣く!?」と困惑しました。

――他に、テンションが低いことで困ってしまう瞬間なんかはありますか?

月村 おはぎさん:漫画の冒頭で描いていますが、おままごとやごっこ遊びに誘われた時は一瞬身構えてしまいます…。役に入り切ったり、娘のペースに全て合わせて遊ぶのが苦手なので…。

――この漫画の反響には、どういった声がありましたか?

月村 おはぎさん:フォロワーさんからのコメントで「お母さん頑張ってるから娘ちゃん、見てあげてー!笑」みたいな応援の声もいただきました。(笑)
あとは私の同じようにごっこ遊びに付き合うのが苦手、というママさんからの共感の声もいただきました。

 

良かれと思ってテンションを上げたところ、娘ちゃんを号泣させてしまった月村 おはぎさん。やはり、慣れないことはするものではないかもしれませんね…。

作品提供・取材協力:月村 おはぎ🐰ほっこり系育児&日常漫画

本編を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET