笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

写メも動画も古い…。現代っ子の「思い出の残し方」が想像超えてきた件

スマホに大型のテレビにYoutube…我々が過ごしていた環境とは全く違う時代を生きる現代っ子。生まれた時からハイテクに囲まれている彼らの「デジタル」への適応能力といったら、目を見張るものがありますよね。

インスタグラムで活躍されるゆきさんは先日「息子が現代っ子すぎてびっくりした話」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、親子で「釣った魚をその場で料理してくれるお店」を訪れたゆきさんと息子くん。とても楽しい様子の息子くんは家に帰り「あるもの」を使って思い出を残そうとします…。

楽しそうな息子くん。提供:ゆきさん

本編を読む

現代っ子流の思い出の残し方についてを綴ったこの漫画。当時の気持ちや、今後の活動について投稿者のゆき(@yuki_101101)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を書き始めたのでしょうか?

ゆきさん:現在小学1年生の長男が赤ちゃんだったころ、実家から離れた土地ではじめての育児していました。夫が仕事の間赤ちゃんと2人で過ごすことが辛く、孤独を感じていたところ、絵日記ブログを描いている方々がWEB上で仲良さそうに交流してらっしゃるのを見て「わたしも育児をしている人たちとこんな風にお話しできるようになりたい!」と息子の育児記録も兼ねて子育て絵日記ブログを始めました。

ブログをしばらく続けていくうちに「絵日記をもっと気軽に見てもらいたいな」思いインスタも始めました。

ブログやインスタ等のSNSのおかげで、育児の辛さや楽しさをたくさんの人と話したり共有するできてとても救われました!

――マイクラ内で思い出を再現している息子くんをみて、どのような気持ちになりましたか?

ゆきさん:わたしはゲームを全くしないので、正直驚き、「うちの息子はなんてすごいんだ…!」と感動しました!(…が、「うちの子も!」という声をただいたので
今どきの子あるあるのようです笑)

――漫画の件以外で「自分たちの時代とは違う」と感じる瞬間はございますか?

ゆきさん:息子はマイクラ等のゲームの他にYouTubeで動画を見るのが好きなんですが、ゲームやそのほかのことでわからないことがあったらYouTubeで検索して調べています。

YouTubeの利用には賛否両論あると思いますが、折り紙やあやとり、日常の疑問などなど、どの動画も得意な人や専門の方がわかりやすく解説してくれており、興味があることをわかりやすく学べるので、使い方によっては素晴らしいものだなと思います。わたしの子どもの頃はパソコンが普及し出した頃でしたがそのような利用はできなかったのでいい時代だな〜と思います。

わたしも近い将来息子に教えられるようにYouTubeを見て忘れてしまった算数の解き方や不得意な政治などについてこっそり勉強しています(笑)

――今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

ゆきさん:次男が幼稚園に行くようになり以前のように24時間子どもといる生活ではなくなりました。そのため育児に関して「絵日記に書こう!」という話も少なくなってきて…料理が好きなのでお料理関係の絵日記も描きたいな〜と思っています!

 

大人が予想だにしない方法を使って、思い出を保存しようとした息子くん。現代っ子の発想力に、驚かされる投稿でした。

作品提供・取材協力:ゆき*妄想育児🍻
ブログ:妄想育児

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET