笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

ママが魔貫光殺砲を禁じ得なかった「義母の皮肉」がコチラです!

SNSでも何かと被害報告が絶えない義母によるちょっぴり失礼な言動。自分のやり方に自信を持つ義母vs現代の方法で育児を進める嫁の対立構造は、どの時代にも生じてしまうものなのでしょうか。

インスタグラムで活躍されるグッチさんは先日「同居人の一言に魔貫光殺砲」というタイトルの漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、仕事を終えて家に帰ったところお義母さんと遭遇したグッチさん。息子くんとおかえりのハグをしていたところ、お義母さんから信じがたい一言が飛び出します。

再開を喜ぶ二人。提供:グッチさん

「仕事で家を空けるあなたは、子供にとってレアキャラ」との発言を繰り出したお義母さん。それを聞いたグッチさんはというと…。

子供にとってあなたはレアキャラ。提供:グッチさん

本編を読む

お義母さんによる「許せない発言」についてを描いたこの漫画。当時の心境や、フォロワーさんの反応について投稿者のグッチ(@ptmama.gucchi)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

グッチさん:2019年の7月頃です。産休中で、子育ての中で息子のとの日々を描きとめたくて始めました

――「レアキャラ」発言を聞いた時、どんなことを思いましたか?

グッチさん:え?何言ってんの?レアキャラの意味わかってるのかな!?と思いました

そもそもは、義母が考えている育児と私がしている育児に差があるんだろうとは思いますが、相手の立場に立った発言では無いので驚きました。

嫁と姑との関係は、いつの時代もいろいろあるんじゃ無いかと思いますが、義母は自分のやってきた育児に自信を持っているため、働きながら育児をしている私に対してはよく思っていないところもあるのかもしれません。

――数ある必殺技の中から「魔貫光殺砲」を選んだのはなぜでしょうか?

グッチさん:小さい頃からドラゴンボールを読んでいたのですが、必殺技の名前的にも見た目的にも一番好きです。威力はカメハメ破に負けますが、一番破壊力がありそうだなと思っています。

――フォロワーさんの反応には、どういった声がありましたか?

グッチさん:親しみのある技だったことや、姑との関係に悩むフォロワーさんは多かったようで、個人的にメッセージをくれる人も多く反響は大きかった方だと思います。自分の家の義母の悪行をいろいろ教えてくれる人のエピソードは私の話よりも耳を疑うことが多く参考になりましたし、早く同居を解消してくださいね!と応援してくれる人もいて自分の励みにもなりました

 

失礼な発言をするお義母さんを、魔貫光殺砲によって成敗したグッチさん。「仕事をしている=育児をしていない」なんて方程式は、今の時代には成り立ちませんよね。

作品提供・取材協力:グッチ
ブログ:グッチの人生山あり谷あり我が家あり

本編を読む

コメントする1

  1. コメント師匠

    実際義母がどう思ってるのかはしらんけど
    言葉選びが下手な人もいるから難しいね

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET